2014年06月20日

東日本大震災での仙台の津波被害と標高

楽しい地図サイト2 日本の地質図で使わせて頂いた
日本シームレス地質図 産業技術総合研究所地質調査総合センター
をみていると、
今さらですが東日本大震災での津波ってどのあたりまで行ったのか気になり、
仙台市について調べてみることにしました。

津波についてのおさらい
東北地方太平洋沖地震 - Wikipediaによると
検潮所の測定による津波の高さは、
岩手県の宮古で8.5m(15時26分)以上、
釜石で4.2m(15時21分)以上、
大船渡で8.0m(15時18分)以上、
宮城県の石巻市鮎川で8.6m(15時26分)以上、
福島県の相馬で9.3m(15時51分)以上
…というように「○○以上」となっているんですね。
 これらの検潮所は津波によって
 途中から観測データを送信できなくなったため、
 それ以降については記録が残っていないそうで、
 後続の波がこれよりも高くなった可能性を考慮して「○○以上」に。


各地の検潮所・験潮所・験潮場で観測された津波の高さ。東北地方太平洋沖地震 - Wikipediaより
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

その後、日本気象協会は津波高(海上での津波の高さ)を約8〜9mと推定。
津波の遡上高(斜面を駆け上がった高さ)は、
三陸海岸では30m以上のところがあり、
岩手県大船渡市の綾里湾において40.1mにまで達したものが最大とみられている。

※津波高と遡上高の違い

遡上高(そじょうこう)とは、海岸から内陸へ津波がかけ上がる高さ。
「遡上高」は気象庁から発表される「予想される津波の高さ」と同程度から、
高い場合には4倍程度までになることが知られています。
気象庁 津波について
石垣島 明和の大津波ってどんな津波だったの?

・東日本大震災での海上での津波の高さは約8〜9m
・最大の遡上高は40.1m(岩手県大船渡市綾里湾)



仙台での津波被害の状況と標高

東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)での津波浸水範囲。国土地理院の調査に基づく資料をOpenStreetMap上に加筆。 地図:OpenStreetMap, 2013-04-30時点. 津波浸水範囲:「 平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震に関する情報提供 > 10万分1浸水範囲概況図 浸水範囲概況図13」国土地理院 / Pekachu 東北地方太平洋沖地震 - Wikipediaより
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

仙台平野の広範囲で海岸から4〜6km内陸まで浸水したそうです。
上の地図を見ていると、
仙台東部道路というところが境界付近になっているようにも思えますね。

日本シームレス地質図 産業技術総合研究所地質調査総合センター
では、カーソルを地図に持っていくと標高が分かるのですが、
標高をあちこち調べるのは大変なので、
上の地図での津波の境界場所を絞ってみて、
名取川が二股にわかれるところと、
県道23号線と仙台東部道路の交差点付近、
陸上自衛隊霞目駐屯地(かすみのめちゅうとんち)で調べることにしました。

名取川が二股にわかれるところ:標高4m

日本シームレス地質図 産業技術総合研究所地質調査総合センター
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

県道23号線と仙台東部道路の交差点付近:標高3m

日本シームレス地質図 産業技術総合研究所地質調査総合センター
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

陸上自衛隊霞目駐屯地の海側:標高5m

日本シームレス地質図 産業技術総合研究所地質調査総合センター
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

こんな感じで、標高3m〜5mあたりが境界になっていたようです。

平野部では広まり続けるでしょうし、
周りが狭まって駆け上がっていく湾のような遡上高にはならないのかもですね。

海上での高さが8m〜9mだったということなので、
陸上に上がって広まるうちに標高3m〜5mあたりで止まるのかもしれませんが、
過信は禁物。やっぱり出来るだけ高いところへ逃げたほうがいいですね。

逃げるときには、どんな津波になるかわからないわけですから。
※東日本大震災のマグニチュードが9.0で、
 津波も最大と言えないかもしれないですしね。


余談:南海トラフでもM9の可能性が。。
最近、
地震に備える!特集2011 - Yahoo! JAPAN
という記事で、
南海トラフでもM9があったかもしれないそうです。

高知県の海岸付近にある蟹ヶ池の堆積物で
過去千数百年間に4回の巨大地震による堆積物があり、
さらに、約2000年前にその厚みの数倍にも及ぶ津波堆積物があるそうです。

なので、2000年前に超巨大なM9レベルの大地震があった可能性が。

また、海岸段丘である御前崎と室戸岬では、
約7000年の間に4回、大きな隆起地形が形成されていたそう。
その、前回の大きな隆起はやはり2000年前だとか。

7000年に4回、前回が2000年前とすると、いつあってもおかしないとも。


そんな記事があったので、調べる気になってしまいました。
タグ:地震の雑学
posted by ポジタリアン イエロー at 18:15| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ