2014年06月25日

大震災と政治との関係!?大震災前には何かがある??


地震情報 2011年3月11日 14時46分頃発生 最大震度:7 震源地:三陸沖 - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

今を生きる私たちにとっての大きな大震災と言えば、
上の東日本大震災ですね。

また、京都人なので阪神大震災も忘れることはできません。

関東大震災を経験された方で
ご存命の方がどれくらいいらっしゃるかわかりませんが、
多くの人々が経験したことのある大震災と言えば、
やっぱり東日本大震災と阪神大震災ですね。

そこで、思い出すのが大震災と政治の関係。
この両方を経験した人は誰しも思っていると思います。

以前書いた記事、
相模湾で深さ130q M4.2の地震がありました。
にも、ちょこちょこっと書きましたが、
一つずつ調べてみました。


東日本大震災直前の政治
2011年3月11日、
首相の菅直人さんに証人喚問の話があった日じゃなかったでしょうか。

流れは忘れてしまっているので、
菅直人 - Wikipediaを見ると、
政権の低迷は続き、
3月6日、前原誠司が外国籍の人物から違法献金を受けていた件で
外務大臣を辞職した直後の
2011年3月11日、菅自身にも外国人献金問題が持ちあがった。

(菅さんの)資金管理団体が、
2006年と2009年に、金融機関の元理事で、
現在、横浜市内で不動産業や飲食店などを営む複数の会社で代表取締役を務め、
町田市などでパチンコ店を3店舗経営し
年商が約50億円にのぼる河本善鎬という通名の日本人名を持つ
在日韓国人から計104万円の献金を受け取っていたことが
朝日新聞の取材で発覚。

これを受けて、自民党、公明党、みんなの党からは
菅の首相退陣を求める声が上がった

しかし、同日に発生した
東北地方太平洋沖地震によってこの件の追求は中断した。
…という流れでした。

本来ならば、前原さんがその前に辞職し、
誰が考えても菅さんも辞職せざるを得ない状況だったように思います。
そしてその追及を受けていた日でした。
そんなときに、起こったのが東日本大震災。

その結果、政権は続く(任期2010年6月8日 - 2011年9月2日)ことに。
もし、震災がなかったら菅さんは辞任に追い込まれてたと私は思っています。


阪神大震災直前の政治
1995年1月17日。
この日も政治的に大きな節目になるかもしれない日でした。
それは、自民党が与党の座に戻った自社さ連立政権の村山富市首相の時。

社会党の村山首相は、旧来の党路線の180度の変更を一方的に宣言し、
この結果、社会党の求心力は大きく低下し、
その後分党・解党をめぐる論議が絶えなかったとか。
日本社会党 - Wikipedia

そんな中、
社会党の山花貞夫(やまはなさだお)さんが、
社会党の枠を超えた民主・リベラル勢力を結集する新党の結成を図り、
1995年1月6日、社会党の山花、新進党の川端達夫、
民主改革連合の粟森喬、民主新党クラブの海江田万里の4人を代表に
新党準備会を発足。

1月16日、新会派「民主連合・民主新党クラブ」の結成で合意し、
翌17日、山花をはじめ衆議院17名・参議院7名の合計24名の国会議員が
院内会派からの離脱を届け出たが、
同日阪神・淡路大震災が発生。そのため会派結成を先送りし、
民主・リベラル新党構想は事実上頓挫。
新党準備会も4月に解散した。
山花貞夫 - Wikipedia

もし、阪神大震災がなかったら、
自社さ連立政権はもっと早くになくなっていたかもしれないですね。


こんな流れがあるから、
大震災が起こるときって、政治不安があるとき?って思っちゃうんですよね。
では、関東大震災のときはどうだったんでしょうか。


関東大震災直前の政治
1923年9月1日
実は首相がいない時期だったようです。

その前の内閣は加藤友三郎内閣(1922年6月12日〜1923年9月2日)
加藤友三郎内閣 - Wikipedia
ワシントン会議 (1922年) - Wikipediaに伴い、
・軍縮の推進
・シベリア撤兵を完遂
・協調外交の推進
→日本側は山東省の利権を放棄したので、
 国内では協調外交への不満が蓄積されていった。

この加藤内閣、日付上は9月2日となっていますが、
実は、首相在任中の1923年8月24日にお亡くなりに(大腸ガン)なってるんですね。

そこで外相だった内田康哉さんが首相を臨時兼任。
その8日後に関東大震災が発生し、
日本は「首相不在」という異常事態の中でこの大災害を迎えることとなった。
加藤友三郎 - Wikipedia
…だそうです。

政治空白の時期だったようです。


こうなると、ほかにも気になり、
政治の中枢だった時間の長い関東を中心に調べてみました。


Great Kanto Earthquake 1923 & 1703 focal area map / Pekachu

元禄地震直前の政治
1703年12月31日
関東地方を襲った巨大地震で、いわゆる関東大震災の前の大震災ですよね。

元禄地震 - Wikipediaには、
こんなことが書かれていました…
この年の2月(西暦3月)に赤穂浪士46人が切腹しており、
浪士たちの恨みで起こった地震と噂された。
元禄地震は社会不安を引き起こし、
翌元禄17年(宝永元年)には虚説への取締を命じる町触が出されており、
同3月には「宝永」への改元も行われた。
…だそうです。

つまり、元禄地震はあの忠臣蔵の事件の年だったんですね。

鎌倉大地震直前の政治
1293年5月19日
関東地方で地震が発生。
建長寺を代表として多数の神社仏閣が倒壊し、多数の死者が発生した。

この地震、最近話題になっていたので。
鎌倉時代にも巨大地震? 三浦で隆起痕発見 カナロコ 2014年6月23日

この時代は鎌倉時代で、いわゆる北条氏が執権の時代。

北条貞時(ほうじょうさだとき)さんの時代でした。
1284年4月、父、時宗が病死し満12歳で執権に就任する。

有力御家人の安達泰盛と得宗家執事の平頼綱で対立。
この平頼綱が霜月騒動で泰盛を討伐し、
頼綱が実権を掌握して権勢を振るったんだとか。
北条貞時 - Wikipedia

そんな中、当時幕府内で専横を振るっていた平頼綱さんでしたが、
1293年に鎌倉大地震が起こります

そこで、鎌倉幕府執権・北条貞時は、
この震災による混乱を利用し、
当時幕府内で専横を振るっていた平頼綱邸への襲撃を命令し、
頼綱父子の討伐に成功した(平禅門の乱)。
鎌倉大地震 - Wikipedia
…だそうです。

大震災を利用する、こんな政治事件もあったんですね。

少なくとも、政治的に安定していない時期に大地震が起こりやすい、
そんな気がするのは私だけでしょうか?

近年は特に憲法改正することなく、
戦後の長きにわたる政府見解を捻じ曲げ、
7月1日あたりに閣議決定されようとしている集団的自衛権がありますが、
与党、来週合意の公算 集団的自衛権 時事ドットコム 2014年6月21日
こういうのも、よくないなーと思うんですが。
とはいえ、大きな地震がないことを願うばかりです。
posted by ポジタリアン イエロー at 15:06| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ