2014年07月28日

昔の京都4 市姫さんに新間之町・新東洞院・新車屋町!?国道1号線は??

まだ、しつこくこのシリーズです(笑)。
たぶん、今回こそ終わりになる予定ですが…

今回も1914年(大正3年)の京都の地図からです。
※上が東になっています

Asia Historical Maps - Perry-Castañeda Map Collection - UT Library Online
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます


1.市姫(いちひめ)さん
市電の停留所に「市姫」の文字が。
変わった名前の停留所!?っと思っていたんですが、ふと思い出しました。

確かこの近所に「いちひめ」神社さんがあったような。。


Asia Historical Maps - Perry-Castañeda Map Collection - UT Library Online
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

現在の場所は↓

グーグルマップ
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

漢字は「市比賣神社」となっていますが、やっぱり一緒ですよね。
※今の字体なら「市比売神社」ですね。

市比賣神社:女人守護・市場守護のいちひめ神社さんによると、
御祭神は全て女神様をお祀りしているところから女性の守り神とされ、
女性全ての願い事にご利益があります。
特に「女人厄除け」の神として厄除け女性の参拝者が全国から絶えません。
…だそうです。

歴史は古く、桓武天皇の御代である795年(平安京が出来た翌年)、
京都の左右両市場の守護神として
堀川七条の北西(現西本願寺)にご鎮座されたそうです。
その後、1591年に豊臣秀吉の時代、現在の地に移転されたとか。
※豊臣秀吉さん、神社の移転、好きですねぇ。。。
 京都のあちこちの御旅所の場所を替えたり、
 五条天神さんの境内に無理やり道を作ったり(天使突抜の由来)

昔は市電の停留所まであったということで、相当賑わっていたんでしょうね。


2.新間之町・新東洞院・新車屋町!?
地図の東の方を見ていると、不思議な道の名前がずらり並んだ場所が。
その場所は新間之町通(しんあいのまち)、
新東洞院通(しんひがしのとういん)、新車屋町通(しんくるまやちょう)、
新高倉通、新堺町通、新柳馬場通(しんやなぎのばんば)、
新富小路通(しんとみのこうじ)、新麩屋町通(しんふやちょう)、
新丸太町通(しんまるたまち)…↓

Asia Historical Maps - Perry-Castañeda Map Collection - UT Library Online
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

東大路、二条、三条、川端通に囲まれたところです。

不思議な場所ですよね。
で、調べてみると、ちょっと悲しいお話でした。

宝永の大火(ほうえいのたいか)が関係していました。

都市史23 宝永の大火 京都市情報館によると…
宝永の大火とは,宝永5(1708)年3月8日の未明に発生した大火です。
油小路通(あぶらのこうじどおり)姉小路(あねやこうじ)下る宗林町の
銭屋市兵衛宅から出火 。

西南の風にあおられ,禁裏御所をはじめ,
北は今出川通(いまでがわどおり),南は錦小路通(にしきこうじどおり),
西は油小路通(あぶらこうじどおり),東は鴨川畔にまで火が達しました。

宝永の大火は広大な範囲を焼失したため,
京都の町並みに大きな変化を与えました。その一つが市街地の拡大です。
これは,焼失した禁裏の再建に伴い,
公家町(くげまち)を拡張するために,
烏丸東側と丸太町北側の町家を,
鴨川東の二条川東(にじょうかわひがし,左京区)と
内野(うちの,平安京大内裏旧地)などに移転させたことです。
…とありました。

宝永の大火があったために、公家町を拡張するため、
もともとそこに住んでいた町家を無理やり移転させたんですね。

そこで、そのもともと住んでいた通りの名前に
新を付けたところに住まわせたそうです。

都市史23 宝永の大火 京都市情報館
このあたりの通り名には,
新東洞院通(しんひがしのとういんどおり)など,
「新」を冠するものがたくさんみられます。
これらは移転以前の旧地にちなんで名付けられたものです。
…だそうです。


※ちなみに大内裏のあった場所が
 内野(うちの)と呼ばれるようになった由来。

 平安末期の1177年(治承1)4月に京中の過半を焼いたという大火、
 いわゆる太郎焼亡によって大極殿以下がほぼ全焼し、廃墟と化したそう。
 その後、大極殿は再建されることなく、荒廃の一途をたどり、
 鎌倉時代には一面野原となって内野と呼ばれるように。
 内野(京都) とは - コトバンク


3.国道1号線は?
もちろん、大正時代にあるわけないですよね。
東海道といえば、三条大橋ですしね↓

『東海道五十三次 三条大橋』 歌川広重筆。三条大橋 - Wikipediaより
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

なので、山科に行くには三条通か渋谷街道だったのかもしれませんね。

Asia Historical Maps - Perry-Castañeda Map Collection - UT Library Online
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

五条坂より東へ山科へ抜ける道はないようです。
タグ:地図 京都
posted by ポジタリアン イエロー at 13:58| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ