2014年07月30日

お月様には今も中心部に熱く柔らかい層があるそうです。

今も温かい月の中〜月マントル最深部における潮汐加熱〜 国立天文台(NAOJ) 2014年7月28日
によると…
中国地質大学などの研究者を中心とする国際共同研究チームは、
月の地下深くに軟らかい層が存在すること、
さらに、その層の中では地球の引力によって熱が効率的に生じていることを
明らかにしました。

…そうです。


本研究成果に基づく月内部構造の想像図。今も温かい月の中〜月マントル最深部における潮汐加熱〜 国立天文台(NAOJ)
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます


過去のお月様の内部構造の考え
お月様の内部構造は過去にも記事にしたことがありましたね。
月の地殻は数十億年前からの歴史を刻んでいる… 月には地震があるけど、プレート移動はない

かいつまんで書くと…
1.アポロ計画によってわかったお月様の地震(月震)から
 中心から700q〜800kmの部分は液体の性質。
 そこでは、M1〜M2程度の深発月震が発生
 表面に近い地下300q前後でも浅発月震が発生している
 →いわゆる地球型惑星同様、岩石と金属から出来ている様子

2.現在は地質学的にも死んでいて、マントル対流も存在しない。
 ただし、少なくとも25億年前までは火山活動があったことが確認されている。
(参照)月 - Wikipedia
…ということでした。


これまで、お月様の内部は
中心部は液体の性質を持つようだけど、
地質学的には死んでいて、マントル対流は存在しないとされていたんですね。


ただ、それでは、
地球の引力によるお月様の変形(潮汐)が説明できなかったそうです。


本研究成果に基づく月内部構造の想像図。今も温かい月の中〜月マントル最深部における潮汐加熱〜 国立天文台(NAOJ)
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

お月様は地球の引力で絶えず変形してるんですね。


今回わかったお月様の内部構造の考え
そのお月様の変形をどう考えたら説明がつくかで計算されたのが、
今回の仮説。

月の核を覆うマントルの最下層に柔らかい層があると仮定すれば、
観測されている月の変形を上手く説明できることを
理論的な計算によって明らかに。
月の内部には柔らかい層があり、熱を生じていることが明らかに 宇宙技術・天体 - 財経新聞 2014年7月29日

しかも、その層(マントルの最下層の柔らかい層)の中では
地球の引力によって熱が効率的に生じていることが計算で明らかに。
今も温かい月の中〜月マントル最深部における潮汐加熱〜 国立天文台(NAOJ)


JAXA宇宙科学研究所太陽系科学研究系の春山純一博士は、
「月のような小さな天体は地球のような大きな天体よりも速く冷えます。
実際、今までの研究から月が火山活動を既に終えていることも知られています。

従って月は深い所まで冷めて固まってしまっていると考えられていました。
しかし本結果は、
月が未だ冷え固まっていない生きた星であることを物語っています。」
…だそうです。


今回の仮説では、
1.地球の引力によってお月様に潮汐が生じて内部深くに熱が生じる
2.地球の引力によって変形するお月様の内部は柔らかい層で出来ている
…ということになったようです。

確かに、お月様内部が液体の性質をもちながら、冷たい存在なら、
それは水か何かということになるかもしれませんが、
内部が熱くてドロドロした液体ということなら、
金属でもそうなりますし、地球内部と同じ構造とも言えそうです。

火山噴火は25億年前に終えているそうですが、
内部は冷えた状態ではなく、今も生きた星だという可能性があるようですね。

いつも同じ表情のポーカーフェイスさんですが、
心の中には熱いものをお持ちなのかもしれませんね。
タグ:
posted by ポジタリアン イエロー at 08:27| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ