2014年08月15日

終戦記念日に想う第二次世界大戦についての知らなかった真実


Mitsubishi, A6M, Zero(三菱A6M 通称ゼロ戦) / San Diego Air & Space Museum Archives


学校の歴史の時間では、たぶん習わなかった内容が、
今年のマスメディアには溢れていました。

ひとつは安倍首相の憲法解釈を捻じ曲げての
「集団的自衛権」閣議決定が根底にあり、
その危険な兆候にちょっとでも歯止めをと言うことなんだと思います。

私も、たまたまですが、
いろんな記述から全く知らなかったことがたくさんありました。

今回は、そんな私が知らなかった第二次世界大戦の真実をまとめました。


1.戦没者の約6割が餓死者との学説も
<戦没者230万人>6割「餓死」の学説も 無謀な作戦が惨劇招く (毎日新聞) - Yahoo!ニュース 2014年8月15日
歴史学者の故・藤原彰氏(一橋大名誉教授)は
旧厚生省援護局作成の地域別戦没者(1964年発表)を
基礎データに独自の分析を試みた。
著書の「餓死した英霊たち」(青木書店)で、
全戦没者の60%強、140万人前後が戦病死者だったと試算。
さらに「そのほとんどが餓死者ということになる」と結論づけた。

個別の戦闘ではある程度のデータが残っている。
「戦史叢書」(防衛庁防衛研修所戦史室編さん)によると、
「ガダルカナル島の戦い」(1942年8月〜43年2月)では、
日本陸軍3万1000人のうち約2万人が戦没。
その約75%、約1万5000人が栄養失調症、マラリア、
下痢、かっけなどによる死者だったという。
…だそうです。

昭和史の著作が多い作家の半藤一利さん(84)曰く、
大本営参謀らのエリート軍人について、
「緒戦の勝利におごり、自己の実力を省みず、攻勢の限界線をはるかに越えた」
と戦略上の失敗を指摘したうえで、
「人間をまるで、将棋の駒のように扱った」と批判。

60%超ということですが、
少なく見積もっても戦死者の半数は餓死だったのかもしれません。。



元陸軍大尉で歴史学者の藤原彰氏は、旧厚生省などの資料をもとに
「餓死(うえじに)した英霊たち」という本を書かれているそうです。


2.神風特攻隊の真実
平和主義を貫く 旧軍引きずる人命軽視 社説・コラム 東京新聞(TOKYO Web) 2014年8月14日
近年明らかになったことですが、
旧陸軍は出撃後、整備不良や悪天候などで帰還した特攻隊員を
福岡市内に隔離していました。
死んで軍神になったはずの人間が生きていてはまずいというのです。
上官から「ひきょう者」と激しく非難され、
耐えきれずに自殺した兵士もいたそうです。
何のための作戦だったのか。
死ぬこと自体が目的にすりかわっていたのです。
…だそうです。

この隔離していたと言われるところが、振武寮(しんぶりょう)と言われるところ。

振武寮 - Wikipediaによると、
特攻隊員1276人中605人が生還したことが判明。
帰還特攻隊員は帰還の直後に福岡の司令部に出頭命令が下り、
即座に振武寮にて事実上の軟禁状態に置かれることになる。
振武寮の日々は反省文の提出、軍人勅諭の書き写し、
写経など精神再教育的なものが延々と続けられた。
死して軍神となるはずの特攻隊員が生きて戻ってきたことは激しく非難され、
「人間の屑」「卑怯者」「国賊」と罵られたという。
振武寮の目的は帰還隊員にもう一度死を覚悟させて
特攻に赴かせるものであったともいわれ、
隊員のなかには精神的に追い詰められ、自殺を図る者もいたといわれる。
…だそうです。

これって、あのJR西日本のJR福知山線脱線事故(2005年)で明らかになった
「日勤教育」みたい。
JR福知山線脱線事故 - Wikipedia
※本来行われるべき教育的意義とはかけ離れた
 懲罰的・暴力的な内容の日勤教育が行われていたことが報道され、
 安全教育とは無関係な研修内容が
 非人道的な職場内暴力(パワーハラスメント)や精神的な暴力、
 嫌がらせ(モラルハラスメント)であるとして国会などで問題視された。
 日勤教育 - Wikipedia


振武寮の記事中、次のような記述があるんですが…
2000年代以降の調査・研究によると、
振武寮に収容された特攻隊員の多くが1〜2週間程度、
最短では3日程度で他部隊への転属または元所属部隊へ復帰した
との記録も残っており、
上記に示すような懲罰的要素を主とした施設ではなく、
隊員の休養等を目的とした保養施設ではないかとの見解もある。
…だそうですが、
 これにつき、資料が示されてないばかりか、
 その文章が置かれている段落からも脈略がない文章になっているので、
 ※私は順番を入れ替えて分かりやすくしています
 この文章の信憑性は私は低いと思っています。
 また、何らかの意図をもって付け加えられたものの可能性もありそうです。


この振武寮で帰還した将兵を指導したのが倉澤清忠陸軍少佐。
戦後、自分が特攻出撃の現場責任者だったので
恨みに思われるのは仕方がないと語り、
80歳になるまで護身用に拳銃(実弾入り)と軍刀を隠し持っていたそうです。
倉澤清忠 - Wikipedia

ついでに、以前書いた特攻兵器の桜花(おうか)
京都と第二次世界大戦
を着想したのは、大田正一海軍特務少尉。

作っていた三菱名古屋発動機製作所の誘導装置の精度が悪く
実用化にはほど遠いと知り、
誘導装置を人間におきかえるのが一発必中を実現する早道だと確信して、
大田が東大に足を運んだところから軌道に乗ったそうです。
桜花 (航空機) - Wikipedia

この太田正一氏も戦後、8月18日、
茨城県の神ノ池基地において零式練習戦闘機に突然乗り込んで離陸、
そのまま行方不明となった。基地の机に「東方洋上に去る」と遺書を残した。
…ということですが、実は…
大田は、新聞に桜花の発案者として華々しく取り上げられて以来、
不遜な態度をとるようになっていた上、
桜花搭乗員の人命を軽視する発言も行っていたため、報復を恐れていた
…そうで、…
大田は基地から離れた金華山沖の洋上に着水し、漁船に救助され生還。
行方不明者として名乗り出ることもなく、
戦後の混乱に乗じて別人を装い、新しい戸籍を作成。
「青木薫」を名乗り各地を転々としつつ、
家庭を持ち二人の子どもをもうけた。
1994年12月7日、京都市左京区の日本バプテスト病院にて癌で死亡。
太田正一 - Wikipedia
…だそうです。


3.三菱重工
これは以前から時々書いてますね。
たまたま「政府専用機」を調べていて知った内容でした。
政府専用機って何機あるの?

もう一度載せると…
三菱さんと言えば、戦前の三菱財閥。
三菱財閥 - Wikipediaによると、
岩崎弥太郎が巨利を得るのは、
維新政府が樹立し全国統一貨幣制度に乗り出した時のことで、
各藩が発行していた藩札を新政府が買い上げることを事前に察知した弥太郎は、
十万両の資金を都合して
藩札を大量に買占め、それを新政府に買い取らせて莫大な利益を得る。
この情報を流したのは新政府の高官となっていた後藤象二郎であるが、
いわば弥太郎は最初から、政商として暗躍した。
※いわゆる今でいうインサイダー取引
※政商(せいしょう)とは、
 政府・政治家や官僚との癒着(官民癒着)により、
 優位に事業を進めた事業家、同企業グループのこと。

弥太郎は(高知)県から土佐藩所有の船三隻を買い受け海運業に

西南戦争で政府側の軍隊・軍需品の輸送を一手に引き受けたばかりか、
戦争終結の残った軍需品の処分までまかされ、一挙に莫大な利益を得る

後藤象二郎を通じてときの最大の権力者
大久保利通、大隈重信といった政府要人の後ろ盾

農商務卿 西郷従道が「三菱の暴富は国賊なり」と非難

弥太郎は
「三菱が国賊だと言うならば三菱の船を全て焼き払ってもよいが、
それでも政府は大丈夫なのか」と反論
岩崎弥太郎 - Wikipedia

今は、原子力産業に
国内での三菱重工の原子力事業本部による原子力プラントは、
泊発電所、敦賀発電所、美浜発電所、大飯発電所、高浜発電所、伊方発電所、
玄海原子力発電所、川内原子力発電所
三菱重工業 - Wikipedia

兵器製造の分野では防衛省への納入実績第一位の企業。
戦闘機・ヘリコプター・イージス艦を含む護衛艦・戦車などを製造
三菱重工業 - Wikipedia

今年2014年4月に原則として武器輸出が可能となったのに伴い、
三菱電機も欧州軍需大手MBDAと
次期主力戦闘機F35向けミサイルを共同開発。
欧州軍需大手MBDAと三菱電、F35向けミサイル共同開発へ ワールド Reuters 2014年7月3日


4.国体の本義
昭和12年(1937年)に文部省が学者を結集して編纂したそうです。
それが国体の本義(こくたいのほんぎ)。
国体の本義 - Wikipedia

内容は、
「大日本帝国は、万世一系の天皇皇祖の神勅を奉じて永遠にこれを統治し給ふ。
これ、我が万古不易の国体である。」と国体を定義した上で、
共産主義や無政府主義を否定するのみならず、
民主主義や自由主義をも国体にそぐわないものとしている。
…そうです。

神勅や万世一系が冒頭で強調されており、
国体明徴運動の理論的な意味づけとなった。っとありました。

国体明徴声明(こくたいめいちょうせいめい)とは、
1935年(昭和10年)の天皇機関説事件の中で、
美濃部達吉の天皇機関説を排撃することで
政治的主導権を握ろうとした立憲政友会・軍部・右翼諸団体が
時の岡田内閣に迫って出させた政府声明。
天皇機関説が天皇を統治機構の一機関としているのに対し、
天皇が統治権の主体であることを明示し、
日本が天皇の統治する国家であると宣言した。
国体明徴声明 - Wikipedia
…というもの。

天皇機関説は
大日本帝国憲法上、天皇はその最高機関として統治権を行使する
としたもの。

昭和天皇自身は機関説に賛成だったそうです。
天皇機関説 - Wikipedia
主權が君主にあるか國家にあるかといふことを論ずるならば
まだ事が判ってゐるけれども、
ただ機關説がよいとか惡いとかいふ論議をすることは頗る無茶な話である。
君主主權説は、自分からいへば
寧ろそれよりも國家主權の方がよいと思ふが、
一體日本のやうな君國同一の國ならばどうでもよいぢやないか。
……美濃部のことをかれこれ言ふけれども、
美濃部は決して不忠なのでないと自分は思ふ。
今日、美濃部ほどの人が一體何人日本にをるか。
ああいふ學者を葬ることは頗る惜しいもんだ
西園寺公と政局(陛下が鈴木貫太郎侍従長に話した内容)

…だそうです。

昭和天皇は天皇機関説を正しいと考えられてたんですね。
それを昭和12年に文部省が学者を集めて、
「国体の本義」を作り、天皇機関説を排撃して「現人神」に。

天皇は、皇祖皇宗の御心のまにまに我が国を統治し給ふ現御神であらせられる。
この現御神(明神)或は現人神と申し奉るのは、
所謂(いわゆる)絶対神とか、
全知全能の神とかいふが如き意味の神とは異なり、
皇祖皇宗がその神裔であらせられる天皇に現れまし、
天皇は皇祖皇宗と御一体であらせられ、
永久に臣民・国土の生成発展の本源にましまし、
限りなく尊く畏(かしこ)き御方であることを示すのである。
「国体の本義」(1935年)
現人神 - Wikipedia


まるで、文科省が原発賛美の学者を集めて「原発安全神話」をつくったみたい。


5.玉音放送の「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」の意味
玉音放送を現代語訳で「耐えられないことにも耐え」【終戦記念日】
全文は上のリンク先で。

朕ハ時運ノ趨ク所(ちんはじうんのおもむくところ)、
堪へ難キヲ堪へ(たえがたきをたえ)、
忍ヒ難キヲ忍ヒ(しのびがたきをしのび)、
以テ万世ノ為ニ太平ヲ開カムト欲ス
(もってばんせのためにたいへいをひらかんとほっす)

現代語訳
私は、時の運にも導かれ、耐えられないことにも耐え、
我慢できないことにも我慢し、
今後の未来のために平和への道を開いていきたい。


「耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び」の部分ばかりが
テレビなどで報じられてきましたが、主語は「天皇陛下」だったんですね。

私は「国民が」だと思ってましたし、
わざわざ主語を削除して放送してきたのも、そう誤解させるためでしょう。

「天皇」が主語であろうと、「国民」が主語であろうと、
文章としてはおかしいわけじゃないですが、
わざわざ誤解を与える放送を繰り返してきたことに驚きます。

無条件降伏に伴い、
自らの進退や責任を戦勝国に問われる前の天皇陛下の決意でしょう。
(この先)耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍び、
今後の未来のために平和への道を開いていきたい。と。

また、もし、天皇に戦争責任があると思われる人も、
前述の「国体の本義」が、文部省の学者による急ごしらえの考えならば、
それによって、天皇陛下も国民も騙されていたのではないでしょうか。

責任の所在を天皇陛下になすりつけ、官僚や軍需産業はそそくさと隠れる。

この仕組みそのものが、まるで、今の原発と同じように思えるのですが。
※今は、責任をなすりつける相手がいないので、
 電気を使う国民自体になすりつけていますが。
 原発のおかげで豊かな暮らしになったと。


6.終戦記念日、日本では8月15日ですが…
世界では違うそうです。

戦勝国であるアメリカ合衆国、イギリス、フランス、カナダ、ロシアでは、
9月2日を対日勝戦記念日(VJデー)と呼んでいる。
日本政府がポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日。

日本では、
玉音放送(昭和天皇による終戦の詔書の朗読放送)により、
日本の降伏が国民に公表された日として、8月15日に。
終戦の日 - Wikipedia

学校では、ポツダム宣言受託日として8月14日と
終戦記念日として8月15日を習いますね。
もちろん、ミズーリ号(戦艦)での調印式の日である9月2日も習いますが、
この日を戦勝国が終戦の日としていることは知りませんでした。


降伏文書調印 署名を行っているのは重光葵外相 ミズーリ (戦艦) - Wikipedia


7.日本男児


女性や子供を守り、
また、守るために戦うのが男性の役目だと思うのですが、
※ジェンダーフリーの人々には怒られそうですが。。
戦前日本は違ったようです。。

「日本女性が、米英の女性を撃滅しろ」と大佐が仰ってます。
女性を守るために戦うのではなく…。
まして、
「敵国軍人」を撃滅するんじゃなくて「(民間の)女性を撃滅しろ」と。

なんて…男らしい。。。。orz
タグ:歴史 一言
posted by ポジタリアン イエロー at 23:07| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ