2014年08月16日

明治や江戸時代の人々の暮らしぶりって。。19世紀のカラーの写実画


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

こんな絵を見たことないですか?
飴屋さんの風景画ですが、19世紀のアメリカの画家さんが描かれた絵だとか。

描いたのはロバート・フレデリック・ブラムさん。
1857年7月9日〜1903年6月8日のオハイオ州シンシナティ、アメリカ生まれ。
Robert Frederick Blum - Wikipedia(英語)


Robert Frederick Blum

日本人ばかりを描かれてるわけではないですが、
とりわけ、19世紀の日本を描かれたカラーの写実画が
江戸や明治の文化をしらない私たちの心を打つんですよね。

よく、江戸時代のカラー画像として
私たちが知らない江戸「日本を愛した19世紀の米国人画家」が描いた、息遣いすら感じる美しき風景 DDN JAPAN
なんて紹介されたりしているみたいですね。

実際には明治時代だと思うんですが、
その風情は、私たちから見れば江戸時代を垣間見れる絵画に。

年が立ち、パブリックドメインになっていたので、
Robert Frederick Blum - Artworks(英語)
からご紹介します。
※日本人以外にもたくさん描かれているので、
 そちらも気になる方はリンク先で見てください。


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
境内でお茶を頂かれているところでしょうか。


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
大八車にたくさんの菊などのお花と花かごの間で休む人と。


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
お昼寝姿の女性でしょうか。今とあまり変わらない気も!?


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
こんな姿勢で雑誌を読んでたり!?


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
芸者さんだそうです。


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
神社へお参り。


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
何屋さんですかね?街角の風景がよくわかりますよね。


Robert Frederick Blum
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます
最後は呉服屋さん!?
あまりに生き生きしていて、今の姿とあまり変わりない気がしますね。
posted by ポジタリアン イエロー at 09:34| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ