2014年08月29日

2014年08月29日 宮崎県日向灘でごく浅いM6.1の地震が発生(追記あり)


地震情報 2014年8月29日 4時14分頃発生 最大震度:4 震源地:日向灘 - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

宮崎県日向灘でマグニチュード6レベルの地震があったようです。
2014年08月29日04時14分 日向灘 ごく浅い M6.1 震度4

日向灘も地震が多いところですね。
でも、昨日も地震予測にいろんな情報を見てきましたが、
今回の地震は、あまり前兆だった?ようなものがなかったような。。

2013年淡路島地震もそうでしたが、
M6クラスの地震はまったく前兆なしに起こることにも注意が必要ですね。


さて、とはいえ、ちょっと考えられた前兆を出してみましょう。

1.磁気圏の乱れ
太陽フレアが2014年8月24日、25日にM5.9とM3.9があったようです。
その流れからか、昨日から中規模の磁気嵐が発生してました。

max_fl 太陽フレア27日周期表
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

CME(コロナ質量放出、プラズマの塊)の到達予想

Solar Wind Prediction
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

予想ではかする感じで、外れてますね。

とはいえ、昨日は南北磁場が乱れ、磁気圏も乱れだしていました。
下の画像は今朝2014年08月29日06時36分のもの。
2時間前あたりが日向灘の地震のタイミングぐらいかと。

宇宙天気情報BOX
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

磁気圏の環電流(NICT) ↓

Dst指数(赤道環電流)の予測
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

とはいえ、太陽フレアによる地球の磁気圏の乱れでの地震発生は、
私は高くないと思っています。
統計をとってるわけじゃないですが、
太陽フレア → 磁気圏乱れ → 大地震発生?
という流れはめったにお目にかかれない気がします。

地球由来の磁場の乱れと地震とは関係がありそうですが。

ただ、では、まったくならないかというと、たまに今回のような場合が。
なので、フレアと地震の関係がよく言われるんだと私は思います。


2.放送暦によるGPS速報グラフ
GPS ラドン 電波異常の観測による、地震予知の研究・情報公開ページさんの情報ページ。

すみません。画像を保存していませんでしたが、
実は数日前?あたりから、高知の土佐清水と、宮崎の日向灘の
GPSの内容が南北成分と上下成分でちょうど逆に動いてたんですね。

特に昨日は少し目立ってました。
ただ、これもよくあることなので、あまり気にしてませんでした。

現在(2014年08月29日)は普通の状態というか、
あまり動きのない状態に戻っています。


3.水文欠測
こちらもGPS ラドン 電波異常の観測による、地震予知の研究・情報公開ページさんの情報ページから。

電波を使って通信している、国土交通省の「水文」の欠測状況。
電波を使って通信されてるので、
欠測になる場合は電波に影響を与える何かがある?


水文(すいもん)のチェック
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

愛媛県で欠測が生じていました。26日〜27日にかけてのようです↓

水文(すいもん)のチェック
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

ただ、昨日28日には伊予灘で地震が。
2014年08月28日16時03分 伊予灘 深さ50q M2.8 震度1
…こちらの影響かもしれませんが。


私が今回の地震で思いついた前兆現象はこんな感じで、
結局、これが前兆と言える内容ではないんですよね。


日向灘の地震の特徴
日向灘は比較的大きな地震が何度も起こっている場所のようです。
日向灘地震 - Wikipediaを参照すると
日本政府の地震調査研究推進本部
地震調査委員会の報告(2004年)によると、
日向灘地震は規模により2つに分けられ、
M7.6前後のもの(200年間隔)と、
M7.0〜7.2程度(20年〜27年間隔)のものがあるそうです。
ユーラシアプレートとフィリピン海プレートの境界面で起こる
プレート間地震(海溝型地震)で深さは10q〜40q付近とか。

最近の日向灘地震をみると…
1899年11月25日 浅い M7.1とM6.9
1909年11月10日 150q M7.6
1923年07月13日 44q M7.1 震度4
1929年05月22日 59q M6.9 震度5
1931年11月02日 28km M7.1 震度5
1939年03月20日 57q M6.5 震度4
1941年11月19日 33q M7.2 震度5
1961年02月27日 37km M7.0 震度5
1968年04月01日 30q M7.5 震度5
1970年07月26日 10q M6.7 震度5
1984年08月07日 33q M7.1 震度4
1987年03月18日 48q M6.6 震度5
1996年10月19日 34q M6.9 震度5弱
1996年12月03日 38q M6.7 震度5弱

近年の震度4以上の地震を見ると…
2009年04月05日18時36分 深さ30q M5.6 震度4
2009年08月05日12時51分 深さ30q M5.0 震度4
2012年01月30日03時18分 深さ30q M4.8 震度4
2014年08月29日04時14分 ごく浅い M6.1 震度4


日向灘を震源とする地震情報(震度4以上) - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

こうやってみると、比較的大きな地震が頻繁に起こる場所ですが、
近年、大きめの地震は控えめになってる気がするのが気がかりですね。

宮崎県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部
を見ても、日向灘で活発な地震活動があることがわかります↓

宮崎県の地震活動の特徴 - 地震調査研究推進本部
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

いつも書いていますが、被害地震がないことを願うばかりです。

追記:TEC値(電離圏の全電子数)

というツイートがあったのを忘れてました。
タグ:国内地震
posted by ポジタリアン イエロー at 07:42| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ