2014年08月29日

アベノミクスは新時代突入へ。官製偽装相場に国会デモ規制検討で民意封じ込め

アベノミクスの悲惨さをこれまでもたくさん書きましたが、
とうとう隠し切れない状況へと追い込まれてきているようです。

1.家計調査 2014年7月速報値 消費支出6.3%減、実収入2.4%減
2014年8月29日公表。まだ落ちるかという感じです。

統計局ホームページ-家計調査報告(二人以上の世帯)―平成26年(2014年)7月分速報―
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

消費税増税のせいとか、7月の天候不順のせいとか言われたりしますが、
私的には、すでに3月の時点での駆け込み需要の弱さから、
家計は目いっぱい消費を絞った状況とみています。

もちろん、生活必需品は駆け込み需要があったでしょう。
でもそれは生活に密着したものなので、消費しちゃえばまた買わないといけない。
その買いだめは多くても3か月分くらいでしょう。
7月にはもう少しよくなると思ってました。

数字を見ると、
消費支出は2014年4月が6.6%減、5月が6.4%減、6月が3.7%減、
そして7月が6.3%減に。
実収入は2014年4月が名目で3.3%減、5月が0.4%減、6月が2.5%減、
そして7月が2.4%減。
実収入の物価上昇を除いた実質で2014年4月7.1%減、5月4.6%減、6月6.6%減、
7月6.2%減という結果。


消費税増税後、消費は6月あたりに少しまっしになったあとの急落。
収入に至っては、実質は当たり前で、名目すら連続的に減少中。

物価が著しく上昇しているにもかかわらず、
手取りの金額(名目)すら下がり続けている中で消費増は不可能です。

これまでに嫌というくらい書いてきましたが、
物価上昇=景気回復 は絶対無理です。
デフレが悪いのじゃなく、需要の落ち込みが原因でデフレになっただけです。
正しい経済学者なら誰しもわかってる内容を、
マネタリスト、リフレ派が御用学者的に言ってきただけです。
小さな政府。
そのほうが政治家も官僚も不況の責任を回避できて都合がいいから。
財界(大企業)はそのほうがやりたい放題できる。

大不況を株高演出、円安演出でごまかしている。


そんな話はさておき、私の仕事上の感覚では、
実は6月のボーナス時期から、
少しだけ消費が回復傾向にあるように思っています。
※そのため上の結果に驚いています。

7月も8月前半も自身の前年同月より悪くても、回復基調に思ってました。
ただ、8月中旬以降、スーパーなどでのお買い物でも、
急激に物価が上がり、お財布の紐が私的には固くなったんですね。
すると、売れ行きも少し落ちた気が。

また、天候不順も目立ってたのは8月に入ってからのような気がします。
高知県の集中豪雨も8月上旬でした。
去年の夏も全国的な豪雨被害がありましたが、2014年8月の四国も…異常過ぎる豪雨1100o以上
台風11号直撃もありました。
嵐山は去年の台風18号と今年の台風11号で2年連続危険なもよう。。。(追記あり)
各地で集中豪雨による被害が。特に広島は記憶に新しいですよね。
広島市の集中豪雨による土砂崩れと扇状地(追記あり)

その結果、8月上旬だけで日照不足と長雨で
お野菜の値段が高騰するかもと言われています。
この夏、お野菜などの値段が高騰するかも。。記録的な長雨と日照不足

7月より8月の方がはるかに厳しい結果になりそう。
私の感覚ではそんな感じです。

なので、7月にこんな数字というのが驚きだったんですね。。
正直、世の中的にも厳しい状況だと思います。

さらに正直言うと、こんな数字をまだ出す総務省に感謝と、
近いうちに、この数字も改ざんされる日がくるかもしれないと思うと。。


2.年金基金投入の官製偽装相場と外資
これも散々書いてきました。

円安誘導のアベノミクスとは何だったのか?輸出は数量、金額ともに減少へ… 2014年7月24日
謎の投資家?GPIF爆弾??さらなる円安が襲う???官製相場の怖さ 2014年08月20日

マスコミが大きく報じないため、知らない人が大半のように思います。


The City from Southwark Bridge Road / [Duncan]


3.フィナンシャルタイムズ紙の面白い記事
[FT]アベノミクス3本の矢、いまだ的中せず 日本経済新聞 2014年08月28日
日本製離れしている日本の消費者…
日銀の元職員であるJPモルガンの東京在勤チーフエコノミスト、
菅野雅明氏によると、
今年6月の情報・通信機器の生産は10年の平均値に比べて44%低下し、
薄型テレビは97%、携帯電話は71%も減ったという。

通貨安に頼ることの問題点は、
メーカーに人工的で一時的な追い風をもたらすことだ。
一方で、菅野氏が指摘するように、
日本製品を好んでいた日本の消費者も(ついに!)魅力を感じなくなり始めている。

…だそうです。

残念なことですが、日本製の魅力ってなくなっていますよね。
日本製なら大丈夫という安心感が、
いつのまにやら壊れやすい製品や問題のある製品だらけになり、
気が付いたら、高い日本製を買う意味がなくなっていた。って。

私もそうです。ずっと日本製を買ってましたが、
近年の日本製はその一昔前の日本製に比べて格段に壊れやすく、
日本製を買う理由がないなと数年前から思いだしていました。

アベノミクスへの期待が消滅…
安倍氏は抜本的な構造改革に取り組むという約束を果たさず、
日本企業で働く労働者の賃金が上昇しないため、
内需へのシフトは起きなかった。
実際、現金給与総額は5月だけで3.8%下落した。
アベノミクスの欠点が露呈するにつれ、この数カ月で日本株は、
運用成績が最もすぐれた資産クラスの一つから、最も低迷する部類へと転落した。

…だそうです。

外資的にこの数か月で日本株への評価が大きく損なったようです。

年金による官製偽装相場…
そのため、東京株式市場の買い材料も変化している。
当初はアベノミクスとマクロ経済要因が日本株を支えていたが、
その後、巨額の政府年金基金の動きを先読みし、
日本国債の購入から(それは日銀が引き継いだ)国内株式へと
資産配分の比重が移ってきた。

…なんですよね。

外資が落胆し、売り注文が増えだしたころに、
年金基金を無制限に突っ込むことに。
そのため、株価が官製相場で上り、落ちなくなったんですよね。
そうすると、それを見越して、今は外資も購入する結果に。
外資系注文動向 日経平均比較チャート
 をみての私の感覚。

フィナンシャルタイムズ紙の安倍首相の見方…
どうか4番目の矢(数え方によっては2番目の矢)として
軍国主義が復活しないように願いたい。
安倍氏の本当の関心はそこにあるという兆候がしきりに見える。
解決策を過去に求めるのは常に危険なことだ。
世界の大半の国々は未来のことを考えているのだから。

…と結んでいました。

アベノミクスの次の矢は軍国主義では?ということでしょう。


National Diet Building / Dick Thomas Johnson


4.国会前のデモ規制検討
こんな経済状況で、集団的自衛権は閣議決定するし、
原発再稼働を強力に推進するし、にも関わらずNHKでは支持率51%とか。

Yahooの支持率では2013年12月では支持するが82.1%だったのが、
今2014年8月では支持するが24.0%に。

安倍内閣を支持しますか? - Yahoo!ニュース 意識調査
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます


安倍内閣を支持しますか? - Yahoo!ニュース 意識調査
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

Yahooの意識調査によると今では反対が74%という事態。

国会前のデモについては、ほとんど報道されませんが、
実際には、数多くの人々が参加されていて、
その内容は反原発や反集団的自衛権など1つではありません。

ある意味、それが本当の民意ですが、
それを封じ込めようとする動きがあります。

東京新聞自民、国会デモ規制検討 政権批判封じの疑念政治(TOKYO Web) 2014年8月29日
自民党は二十八日、
人種差別的な街宣活動「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)を規制するとともに、
国会周辺の大音量のデモ活動の規制強化を検討し始めた。
デモは有権者が政治に対して意思表示をするための重要な手段。

その規制の検討は、
原発や憲法などの問題をめぐる安倍政権批判を封じる狙いがあるとみられる。
…だそうです。



力づくで、民意を押さえつけ、
原発推進、原発輸出、武器輸出、戦争参加へ突き進む政権。
まさに軍国主義的な政府ですが、政府広報と化しているマスコミも一翼を担っています。

残念なほどディストピア - Wikipediaな日本になりました。
※ディストピアとは、ユートピア(理想郷)の反対で地獄郷。
 その特徴
 ・体制自らを理想社会に見せかけ洗脳、反対者には治安組織で制裁
 ・社会に有害とされた出版物は発禁
 ・格差社会が広まり、貧富の差が激しい
 ・体制が市民階級を血統やDNAのレベルで把握・管理
 …など
 ちなみにマイナンバー制度で医療の記録も管理対象に。


こんな状況をマスコミを最大限駆使して抑え込み、
さらに一部の財界や官僚を肥やしてあげるのに邁進するんでしょうか。
そんな社会はいつまで持つんでしょうか。

彼らはそれが出来ると思っているんでしょうか?

封じ込めるのは国民じゃなくて、福島第一原発の放射能にしてほしい。
っとつくづく思います。


National Diet Building / Dick Thomas Johnson


関連記事:私の考え方
長期に持続可能で安定的な経済・社会を目指そう あるべきマクロ経済学
マクロ経済指標は万能!?真に目指すべき経済・社会とは? あるべきマクロ経済学
ヒトの心理を突いたやり口の怖さ。国が悪化していく真の問題点とは?


また、この考えに同意します。
この件については、また、書くことがあるかもしれません。

もう今は存在してないと思いますが、
昔、お亡くなりになる前に橋本龍太郎さんのホームページで、
消費税増税せざるを得なかったからくりが書かれていたんですね。記憶違いじゃければ。

財界から政府が頼まれた→私は突っぱねた。
財界がアメリカ政府に「私の頭を飛び越して」頼んだ→年次報告書が来た

そんな内容だったと思います。記憶違いじゃなければ。。
つまり、財界や官僚は利用できる(隠れ蓑に出来る)ものに(たぶん金の力で)頼み、
私腹を肥やしてきたということがあるようです。

戦前は天皇陛下、戦後はアメリカ政府。

長いものに巻かれながら、私腹を肥やす。強欲を貫く。国民を欺く。
そんな構図があるように私も思っています。

アメリカはアメリカの国益を考えて司法取引したりして、
A級戦犯だった人も首相になりました。
それは、もちろんアメリカもその人物を利用したくてやったことですが、
その人物は逆に言えば、寝返っておもねたわけです。
アメリカの資金提供でのし上がっていたわけなので。
タグ:経済 一言
posted by ポジタリアン イエロー at 13:09| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ