2014年09月05日

野菜やお花、果物などを組み合わせて描かれた絵画 ジュゼッペ・アルチンボルド





時折、こんな食べ物で作られたアートを見かけることがありますが、
昔々の人で野菜やお花、果物などを組み合わせて
肖像画を描かれていた方がいらっしゃるんですよね。

その名はジュゼッペ・アルチンボルド(1527年〜1593年)さん。
16世紀の方で、イタリアミラノ出身の画家さん。
ジュゼッペ・アルチンボルド - Wikipedia

作品を見たことがある方も多いと思います↓

夏 1573 Giuseppe Arcimboldo - Summer, 1573
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます


秋 1573 Giuseppe Arcimboldo - Autumn, 1573
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

昔の方ですが、こういう発想がすごいですよね。
しかもお題もシンプル、サマーやオータムって。


冬 1573 Giuseppe Arcimboldo - Winter, 1573
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

季節の植物をモチーフにしているので、ウインターという名前なのかな。


『ウェルトゥムヌスに扮するルドルフ2世』(1590-91) Arcimboldovertemnu
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます


司書1566 Arcimboldo Librarian Stokholm
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

司書だけに本で表現されています。

ジュゼッペ・アルチンボルド - Wikipediaには、
静物画のように緻密に描かれた
果物、野菜、動植物、本などを寄せ集めた、
珍奇な肖像画の製作で世に知られる。
…とありました。

確かに珍奇ですが、こういう発想が出来るのがすごいですよね。

とはいえ、フードアートでは次のような作品が好きですが。。
タグ:植物 芸術
posted by ポジタリアン イエロー at 14:24| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ