2014年09月27日

御嶽山の噴火続報と川内原発再稼働について(追記あり)





2014年9月27日 御嶽山の噴火と石川県能登地方、福井県嶺北の地震と
の続きです。

御嶽山が噴火、火砕流も 岐阜・長野県境 朝日新聞 2014年9月27日
気象庁によると、27日午前11時53分ごろに発生。(中略)
同庁は、噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げ、
山頂付近から周囲4キロ程度の範囲で、
噴火に伴う噴石の飛散などへの警戒を呼びかけている。
…噴火が起こってから、平常 → 入山規制に引き上げたんですね。

その前に、入山規制になるような兆候はなかったようです。

火砕流(かさいりゅう)も発生していたということなので、
今さら聞けない!?火砕流(かさいりゅう)って何?
場合によっては時速100q以上のスピードで迫ってくる火砕流。
登山客が心配ですね。


御嶽山噴火、4人生き埋めか 長野県警「250人孤立」 朝日新聞 2014年9月27日
長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)の27日の噴火で、
長野県警の災害警備本部は同日午後2時20分の時点で
山頂に約150人以上、
剣が峰付近に100人以上が取り残されていると発表した。
4人が灰に埋まっているとの情報もあるという。
…だそうです。

一刻も早く、無事救出されることを祈るばかりです。





御岳山噴火のポイント
・噴火の兆候がなかった(火山情報が「平常」のときに噴火)
・時速100q以上で迫ることもある火砕流も発生



九州鹿児島の川内原発再稼働を推し進める政府
巨大噴火は1万年に1回程度とされており、
規制委の田中俊一委員長は
「原発の稼働期間中には起こらないだろうが、モニタリングをしっかりする」
【原発再稼働】川内合格も、残る火山対策 避難手順にも課題 MSN産経 2014年09月10日

モニタリングで噴火の兆候を察知して避難するという論理


川内原発事故対策 新幹線で住民避難検討へ 読売新聞 2014年09月18日
鉄道は
・渋滞と関係なく避難者を大量に運ぶことができる
・トンネルが多く、避難時の被曝ひばくを抑える可能性がある
…などの利点が考えられる。

噴火や地震で原発に被害が出た場合、新幹線で避難することを検討し、
それをもって安全が確保されたとして再稼働を目論む


噴火の予知もできず、時速100q以上にも及び、
高温の気体(火山灰)なので海の上すら滑るようにやってくる火砕流。
原発事故がなくても、逃げる方向性が難しいのに、
原発に勤めている人は「逃げずに原発を止めないといけない」。


私は今回の御嶽山の噴火は、経済優先社会への警鐘として
自然が教えてくれていると謙虚に受け止めないといけないのではと思うのですが。


余談:太陽活動(黒点数)
実は、この3日間、びっくりするような乱高になっています。
黒点情報 -- 宇宙天気情報センター(NICT)

ずっと2桁(90台以下)だった黒点数。
2014年09月24日  76
2014年09月25日 139
2014年09月26日 203
…と一気に上昇しています。

また、太陽黒点数の先行指数みたいな性格を持つF10.7(太陽電波の強度)も、
2014年09月24日 145
2014年09月25日 158
2014年09月26日 170
…と上昇中。

なので、まだ上昇する可能性がありそうです。
地震と太陽黒点数との関係は、私は大地震との関係ではないですが、
地震総数(無感地震含む)と黒点数とは相関関係にあると思っています。
太陽黒点数と地震。太陽黒点数の予測

大地震があるかどうかはさておき、
地震が相対的に増える時期にあるので、注意しておいた方が良さそうです。


追記:
御嶽山噴火「予知は困難だった」 気象庁、前兆つかめず 朝日新聞 2014年9月27日 2014年9月27日
御嶽山は、今月11日に1日80回を超える地震が観測され、
地震活動が活発になっていた。
ただ、山の表面が膨らむといった地下からマグマが上昇してくるような
データは確認されておらず、
北川課長は「地震の回数だけで、噴火の前兆と判断するのは難しい」と、
噴火の予知は困難だったとの認識を示した。

また、噴煙が3キロにわたり南側の斜面を流れるのが確認されており、
「高温だと火砕流というが、火砕流はいろいろな定義があるので、
今回のものも火砕流と言ってもいいかも知れない」と話した。

NHKの報道では、
御嶽山の火山性地震 今月に入って増加 NHKニュース 2014年9月27日
火山性の地震の回数が1日に80回を超えるのは、
前回の噴火の2007年以来で、
その後も火山性の地震は1日に7、8回から20回を超える状態が続きました。
気象庁は今月11日と12日、
それに16日の3回にわたって火山性の地震が増加しているとして
「火山解説情報」を出して、
火山活動の推移に注意するよう呼びかけました。
…とされていました。

実際、原発再稼働を強力に推進したいNHKや政府、
官公庁、電力会社、大企業などは、
予知できるとして
川内原発を再稼働しても問題ないということにしたいがために、
報道をこのようにしていると私は見ていますが、
真実は気象庁の「地震の回数だけで、噴火の前兆と判断するのは難しい」
だと私は思います。

火山解説情報でたとえ火山性地震がちょっと増えたと書かれていても、
気象庁自体が「平常」から「入山規制」にしていなければ、人は登ります。

後付けで理由を述べる汚いやり方を気象庁はしていません。
ちゃんと潔く「判断するのは難しい」としています。

それを無責任にお茶を濁す報道をNHKは繰り返し行っている。
責任の所在が明らかじゃないがためにとれる行動です。
こういった報道姿勢は、政府やNHKを守ることが出来ても、国民を守ることはできません。
NHKは国民を守る義務はありませんが、
強制的な受信料と税金で賄われている公的機関です。

後付け理由で政府を後押しし、
真実をわかりにくくするやり方は正当とは言えないと私は見ています。


御嶽山頂、陸自の救助向かえず 2次災害のおそれ 朝日新聞 2014年9月27日
松本駐屯地によると、
山頂付近にはまだ取り残されているけが人がいると見られる。
山頂一体には硫化水素が噴出していて、2次災害の可能性があるため、
捜索、救助に向かえる状態ではないという。
…だそうです。

いったん、大自然が驚異をみせると、自衛隊も身動きが取れません。
自衛隊さえ派遣すればという安易な考えが政府にあるとすれば、
それはさらに恐ろしいことです。


強欲は善、金による平等、経済優先社会のために、
自然を甘く見、その犠牲を国民に強いる政府とNHKが
この先、もっとその状況を加速していくと思うとぞっとします。
タグ:太陽 火山 原発
posted by ポジタリアン イエロー at 17:18| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ