2014年10月03日

国立大学から文系を消す?安倍総理の思惑!?


University of Tokyo, Hongô Campus / kusabi


にわかには信じられないとんでもないニュースがあるようです。

国立大学から文系をなくす
国立大学から文系学部が消える!安倍首相と文科省の文化破壊的“大学改革”|LITERA/リテラ 2014年10月01日
かいつまんで書くと…
『東京新聞』(2014年)9月2日付朝刊に載ってた記事だそうですが、
「国立大から文系消える?文科省が改革案を通達」には、
「文部科学省は先月、同省の審議会『国立大学法人評価委員会』の論議を受け、
国立大の組織改革案として
教員養成系、人文社会科学系の廃止や転換』を各大学に通達した」
…とあるそうです。

それにつき、文科省担当者は…
「今回の通達は文系学部の廃止や理系への転換を提案しているのではない。
先に示された役割に基づいて、改革してほしいだけだ」と語っている。
あたかも国の強制ではなく、大学の自主性に委ねているかのようだ。
…というもの。

理由としては…
・教育コストがかからない文学部系は私学に任せて、
 理工系に集中させないと税金を投入する意義を問われると
 財務省から言われているとの発言
・「国立大学」は2004年に設置形態が変更され、
 国立大学法人という独立行政法人だが、
 国からの運営費に頼らざるを得ない財政構造になっていることから、
 結局、国すなわち時の政府の方針に逆らうことができない
・安倍総理のOECD閣僚理事会基調演説(2014年5月6日)
 学術研究を深めるのではなく、もっと社会のニーズを見据えた、
 もっと実践的な、職業教育を行う。
大学に市場原理が導入されカネをうまない学問を切り捨てていく流れに。

ということのようです。

私には教育コストがかからない文系というなら、残してもいいと思うのですが。
人材育成という観点から、という側面もあるようですが、
上の記事にもありましたが、これは「大学の専門学校化」にも思えます。

また、もっと露骨にこんな記事もありました。
安倍総理「国立大学から文系を消します!!!」その理由とは・・・? BuzzNews(バズニュース)  2014年10月2日
安倍総理「カネにならない文系は要らないよ!」

こちらのコメント欄には、「解釈が間違っている」とする記述も散見されますが、
少しでもおかしい部分があれば、問題視して確かめる方向でないと、
気が付けば、何もかも終わってる国になってしまうでしょう。





これら「最後のケインジアン」を自称されていた宮沢さんの考えに私も賛同します。


国家にとって文系は不要?
それはさておき、私が一番気になるのは、
「就職口のない文系はいらない」と金太郎飴の切り口のような話が多いですが、
国家にとって、文系はいらないんでしょうか。
※もちろん、国立大の話で、私大は文系が残るので国から消え去るわけじゃないですが、
 そのクオリティは低下するんじゃないでしょうか?

理系と文系の一番の差は、
自然科学に根差した考えと社会科学に根差した考えのように私は思います。

「範囲が広い」社会科学は、「わかりやすい答えが見つからない」ゆえに、
いろんな可能性を考える必要性に迫られます。
スペシャリストとゼネラリストという言葉があるように、
理系は専門分野に特化したスペシャリスト的ですが、
文系は全体を見通すゼネラリスト的視野に立つことが多いと私は考えています。

そういう幅広いものの考え方は、逆に言えば、
専門職が欲しい、いうことを素直に聞くだけの人が欲しい企業からすれば、
うっとおしい存在かもしれません。

もちろん、国からしても。

文系は、安倍首相の政策に一番かかわる学問。
歴史だったり、法律だったり、経済だったり…。

これらの学問の存在は、安倍さんにとっては、一番の目障りなのかもしれない。
穿った見方と思う人もいるでしょうけど、
昨今、NHKに送り込んだ会長や経営委員の言動などを考えると、
決してありえないわけじゃない気もします。

第一次安倍内閣の時、
国立大学の入学や卒業時期をずらして、海外に合わせ、
国内の他の大学との整合性から、ずらした期間は勤労奉仕してもらう。
そんな意見がありました。
これは、突然の辞職に伴って消えましたが、
こういう出来事もあり、この先も私は要注意のように思います。


some old bldg. of the uni. of Tokyo / Mayfan
タグ:コラム 一言
posted by ポジタリアン イエロー at 12:20| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ