2014年10月05日

2014年10月05日紀伊水道M4.0震度3の地震と続く深さ40qの南海トラフ想定震源域の地震

怪しい西日本太平洋側の連続地震 深さ40qほどで4連続(追記あり)
の続きの地震が発生したようです。


地震情報 2014年10月5日 3時10分頃発生 最大震度:3 震源地:紀伊水道 - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

2014年10月05日03時10分 紀伊水道 深さ40q M4.0 震度3

この地震は、一昨日から続く、
南海トラフ想定震源域で起こっている深さ約30q〜40qの連続地震のひとつ。

2014年10月03日以降起こった全国の地震を見ても↓

過去の地震情報 - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

薄い赤線を引いたところが、南海トラフ想定震源域深さ約30q〜40qの連続地震。

順番は…
2014年10月03日07時52分 沖縄本島近海 深さ40q M3.8 震度2
2014年10月03日22時12分 日向灘 深さ30q M3.9 震度2
2014年10月03日23時07分 静岡県西部 深さ40q M3.2 震度1
2014年10月04日01時47分 四国沖 深さ40q M3.7 震度2
2014年10月04日18時21分 豊後水道 深さ30q M2.9 震度1
2014年10月05日03時10分 紀伊水道 深さ40q M4.0 震度3


2014年10月03日06時45分〜04日06時45分の24時間

独立行政法人防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網

2014年10月04日06時45分〜05日06時45分の24時間

独立行政法人防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網


一連の南海トラフ地震想定震源域の連続地震
USGSアメリカ地質調査所さんの地図を借りて、
10月3日からの一連の深さ30q〜40qの地震を載せると…

アメリカ地質調査所
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

南海トラフ地震の想定震源域は↓

M9.1の最大規模の南海トラフ巨大地震の想定震源域(2013年、地震調査研究推進本部 地震調査委員会)/ Pekachu 南海トラフ巨大地震 - Wikipedia

※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

正直、ちょっと不気味ですよね。

今すぐかどうかは別として、
大きな地震が来る前はこんな不気味なことが
何度か繰り返されるのかもしれませんね。


北に移動するオーストラリアプレートに伴う地震が昨日から頻発
さらに気になる地震が世界でありました。

アメリカ地質調査所
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

2014年10月05日07時までの24時間の震源分布図ですが、
パプアニューギニア近辺でM4.0以上の地震が頻発していました。

この場所は、北へ移動するオーストラリアプレートの場所。

地殻を構成するプレート群/USGS, Washiucho
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます


Background map: Image:Tectonic plates (empty).svg (modified) created by Ævar Arnfjörð Bjarmason under PD and based on an USGS map / Eric Gaba プレート - Wikipedia
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

もしかすると、オーストラリアプレートが
フィリピン海プレートを間接的にでも刺激しているのかもしれませんね。


いつも書いていますが、被害地震がないことを願うばかりです。
タグ:国内地震
posted by ポジタリアン イエロー at 07:30| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ