2014年10月13日

2014年台風19号はどんな台風?

いよいよ九州に上陸する予定の2014年台風19号。

台風19号(2014年) - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

2014年10月13日6時現在、大型で強い台風の台風19号は970hPaに。

日本を九州から四国、近畿、東海、関東と縦断しそうなコース。
そのため、JR西日本では、今日13日の夕方4時以降、
近畿エリア内の全線で運転取りやめなんですよね。



鉄道各社の動向
近畿エリア 運行情報:JR西日本列車運行情報
京阪神地区の在来線各線区では、
本日の14時頃から順次列車の運転本数を減らし、
16時頃から終日、全列車(特急・新快速・快速・普通)の運転を
取りやめさせていただきます。
ご利用のお客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、
本日中のお出かけは控えて頂きますようお願い申し上げます。
…だそうです。

こんな形で事前に運転取りやめを決めるのは初めてだとか。
京阪神のJR在来線、13日夕から全列車運転取りやめ 朝日新聞 2014年10月12日
災害に備えて、
同地区の全線で事前に運転取りやめを決めるのは初めて。

主な私鉄や東海道新幹線、山陽新幹線は、
風雨が強まった段階で徐行や運転見合わせの判断をするそうです。
台風接近、厳戒の西日本 早めの欠航や運休、催し中止も 朝日新聞 2014年10月13日


台風19号の現在の天気図

天気図 - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

13日21時の予想天気図

予想天気図(24時間) - 日本気象協会 tenki.jp
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

この予想では勢力を保ったまま、近畿に近づきそうです。
また、前線を伴っているようです。


類似台風!?
ちなみに日本を九州で上陸して横に縦断してく台風を、
過去の被害が出た台風で探したのですが、ほとんど見つけられませんでした。

過去の被害が出た台風で九州で上陸した台風は、
その後中国地方からいったん日本海へ抜けて、東北地方で再上陸する
そういうタイプの台風が多かったです。
例えば、りんご台風(平成3年台風第19号)

今回の台風で近いかも?と思ったのがルース台風(昭和26年台風第15号)
1951年の台風15号ですが、そのコースは
今回の台風19号より少し北を通っていたようです↓

ルース台風 - Wikipedia
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

ルース台風 - Wikipediaによると
この台風も中国地方から日本海へ出たそうですが、
北陸の沖で台風の中心が消滅し、
関東地方の東沖で新たな中心が生まれた「ジャンプ現象」があったとか。

そんな出来事もあるんですね。

今回の台風、すでに970hPaですが、
現在も局地的に大雨が降っている様子↓

気象庁 高解像度降水ナウキャスト
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

紀伊半島南東や四国で50o以上の雨が局所的に降っている様子。
記憶に新しい広島での土砂災害がありましたが、
広島市の集中豪雨による土砂崩れと扇状地
そういうことにならないよう願うばかりです。

また、先の記事に書きましたが、
昨日の青森県東方沖地震と2014年台風19号通過後の注意点
台風通過後は地震のリスクが高まる可能性があるようなので、
台風に伴う土砂災害がないことを願うとともに台風一過後の地震にご注意ください。
タグ:気象
posted by ポジタリアン イエロー at 08:07| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ