2012年07月07日

なかなか前向きになれないときは…

無理に奮い立たせて頑張るもよし、思い切って休むもよし。。

波というかバイオリズムってあるじゃないですか。
景気でも、好況があれば不況がある。景気循環論みたいなのもありますよね。

今の日本は失われた20年とか言われていますが、
この先の未来予想もあまりよくない話が多いですよね。
気を張り詰めて頑張れるときは頑張ったらいいけど、
無理して病気になるってこともよくあること。何事もバランスが大事ですよね。


ツイッターをやっていて、私がフォローしているボット?の中に
のび太の迷言・名言集からのツイートに出会うことがあるんです。
それを見てると、ときどき発想の転換になってくれるときが。

そんなのび太の迷言・名言集を集めたサイトが↓。

http://matome.naver.jp/odai/2125721922695243407

好きな言葉は「あきらめのいいところがぼくの長所なんだ。」
確かに、無理な時は無理。それをさっと切り替えられるって長所だよね。

勉強でも難しくてわからないところをずっと考え込むよりは、
とにかく前へ進んで行って、
何回か繰り返してるうちにわかるようになることってあったりしますよね。

わからないということで立ち止まってしまうより、
さっと切り替えて(あきらめて)次々と進んでいく。意外と重要かもって。

ほかにも発想の切り替えになりそうな迷言がたくさんなので、見てみるのもいいですよ。


ちなみにバイオリズムと言えば、
バイオリズムの計算をしてくれるサイトが↓。

http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?id=system/2006/1231994137

気になる方はチェックしてみても。

このサイトで私が気になったのが、横にあった計算コラムというもの。
戦前・戦後の為替レートが載っていて、
明治初期は1ドル=約1円、明治30年は約2円、昭和16年は4円25銭…。
そして、敗戦後急インフレを経て、
昭和24年 360円に固定され、昭和46年に308円に。昭和48年に変動相場制へ。
(参照)円為替

い、1ドル=1円!!
でも明治時代の貨幣単位は補助単位で「銭」「厘」が使われてて、
100銭=1円、10厘=1銭ということですしね。
(参照)新貨条例 - Wikipedia

さらにそこに、
貨幣の基準単位を「両」から「圓(円)」に切り替え(旧1両を新1円とする)る。って。へぇ〜。
タグ:ポジティブ
posted by ポジタリアン イエロー at 15:52| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ