2012年08月27日

月面初着陸のアームストロングさんとは?月面着陸はその後?



つい先日の2012年8月25日に82歳で亡くなられた
元宇宙飛行士ニール・アームストロングさんについて調べてみました。

私が生まれる前に、
お月さんに人が行っているってやっぱりすごい気がします(*^。^*)

ニール・アームストロングさん
さて、この方はもともとアメリカ海軍の飛行士だったんですね。
初の実戦経験は朝鮮戦争だったとか。
地上からの対空砲が命中し、射出座席で脱出されて助かられたそうです。

その後宇宙飛行士選抜に志願されるんですが、
志願書が有人宇宙センターに届いた日は提出期限の1週間過ぎだったんですが、
エドワーズ空軍基地でずっと一緒に勤務した仲間で
センター勤務になっていたディック・デイさんが
人に気づかれる前に他の志願書の山の中にそっと潜り込ませたそうです。

1968年5月6日の着陸船の操縦技術を習得させる訓練で、
問題が発生し、ただちに射出座席で脱出したため事なきを得たが、
後の分析ではもし脱出するタイミングがあと0.5秒遅れていたら
パラシュートが開くのが間に合わなかっただろうと言われてるそうです。

…月面初着陸という偉業の前には、
九死に一生を得る体験や、運というものがあったんですね。


そして、1969年7月20日のアポロ11号によって
有人月着陸船イーグル着陸の後、月の表面を歩いた史上初の人物に。
(参照)ニール・アームストロング - Wikipedia



Apollo 11 Bootprint / NASA on The Commons


その後の月面着陸
アポロ11号の後、アポロ17号まで月面着陸ミッションが続けられましたが、
1972年12月7日 17号を最後に月面着陸は行われていないようです。
(参照)月面着陸 - Wikipedia

月面に足跡を記した(現時点で)人類最後の2人は
ユージン・サーナンさんとハリソン・シュミットさんで、
シュミットさんは先に戻ったので、真の最後はサーナンさん。
(参照)アポロ17号 - Wikipedia
(参照)ハリソン・シュミット - Wikipedia


お月さんにも地震が? 
最後にこぼれ話。いろいろ調べてると
アポロ11号をはじめ、その後のアポロ12号、14号、15号、16号が
地震計を設置してきたそうです。

観測は1977年まで行われ、
観測時間は通算8年10ヶ月、12558回の地震が記録されたとか。

ちなみに月で起こる地震は、月震(げっしん)というそうです。
とはいえ、、最大規模の月震でも
エネルギーは地球の最大規模の地震の100万分の1以下であり、
マグニチュード4程度だということです。

それにしてもお月さんにも地震があるってびっくりですね。
(参照)月震 - Wikipedia

最後になりましたが、アームストロングさんのご冥福をお祈り申し上げます。


Neil Armstrong and Buzz Aldrin deploying the U.S. Flag. / NASA Goddard Photo and Video
タグ: 宇宙
posted by ポジタリアン イエロー at 14:01| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ