2012年11月08日

最近、ほほうっと思った言葉 耆婆扁鵲に好好爺


kanji dictionaries / torisan3500


耆婆扁鵲は「ぎばへんじゃく」と読みます。意味は名医のこと。
辞書で見て、お医者さんの医の字もないのになぜ名医のことをこういうのだろう?
と不思議に思い、調べてみました。

耆婆(ジーヴァカ)とは、
古代インドのマガダ国・ラージャグリハのお医者さんで、
お釈迦さまの風疾(ふうしつ:リウマチのこと)などを治したことで
名医・医王と尊称され崇敬されるようになったのだとか。
(参照)ジーヴァカ - Wikipedia

扁鵲(へんじゃく)は
古代中国、とくに漢以前の中国における、半ば伝説的な名医だそうです。
(参照)扁鵲 - Wikipedia

そこで耆婆と扁鵲とを合わせて名医のことをそう言うようになったようです。


好好爺(こうこうや)とは、気のいいおじいさんや善意に溢れた老人のこと。
こうこう‐や【好好爺】 の意味とは- Yahoo!辞書

でも、おじいさんに対するおばあさんの言葉はないそうです。。
こういう字を見ると湯たんぽ(湯湯婆)や
千と千尋の神隠しで登場する湯婆婆さんを思い出しますね。

好々爺の反対語ってなんですか? 教えてください。 - Yahoo!知恵袋
には、あえて言うならとして「偏屈爺(へんくつじじい)」を挙げられてました。
言い得て妙で笑ってしまいますね。


Paramount Bay Penthouse / miamism
タグ:言葉 漢字
posted by ポジタリアン イエロー at 14:26| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ