2012年12月12日

月の地殻は数十億年前からの歴史を刻んでいる… 月には地震があるけど、プレート移動はない



月の地殻が激しく損傷していることを明らかにする新たな画像は、
月がその誕生から10億年ほどの間に
流星や隕石の衝突に繰り返し見舞われていたことを示している。
米科学者らが語ったというニュース↑
月の地殻激しく損傷、月探査で明らかに AFP2012年12月12日

お月さんと言えば、地球と同じ、岩石と金属でできている
なんて言われていますよね。


月にも地震が
実はお月さんにも地震があったことは以前書きました。
月震(げっしん)と呼ぶそうです。
月面初着陸のアームストロングさんとは?月面着陸はその後?

アポロ11号や12号、14号、15号、16号が
地震計を設置してきて
観測時間は通算8年10ヶ月、12558回の地震が記録されたとか。
(参照)月震 - Wikipedia

最大でもマグニチュード4レベルだそう。
この月震を記録することで分かったのが、内部構造。

月内部の構造はアポロ計画の際に設置された月震計で明らかになったそうです。

中心から700〜800kmの部分は液体の性質を帯びており、
液体と固体の境界付近などでマグニチュード1〜2程度の深発月震が多発している。
また、浅発月震と呼ばれる地下300km前後を震源とする地震は、
マグニチュード3〜4にもなるが、発生原因の特定はできていない。
表面から60kmの部分が地球の地殻に相当し、長石の比率が高い。
いわゆる地球型惑星と同様に岩石と金属からなり、
深さによって成分が異なる(分化した)天体である。
(参照)月 - Wikipedia


Primack.earth.moon.space.jpg. / Dreaming in the deep south


月にはプレートの移動がない?
でも、地球とお月さんでは大きな差がありました。
というかニュース記事を読んで気が付きました(笑)。

地球はご存じのとおり、
地球の地殻はプレートの移動を通じて再生が繰り返されていますが、
お月さんの地殻は数十億年前からの歴史を刻んでいる。
つまり、プレートの移動などはないんですよね。

だから、地球とは異なり、
惑星が隕石などの衝突により損傷がよくわかるわけなんですよね。


先ほど書いたように、地球と同じ、深さによって成分が異なる
岩石と金属でできた星なのに、やっぱり小さいからですかね。
地震の規模も最大でマグニチュード4クラス。
プレート移動が起こるほどの力はないのかもしれませんね。

また、月 - Wikipediaには、
次のような記述もありました。
現在は地質学的にも死んでいて、マントル対流も存在しないが、
少なくとも25億年前までは火山活動があったことが確認されている。

だから、昔はあったんでしょうね。動きが。
タグ:
posted by ポジタリアン イエロー at 13:18| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ