2013年01月22日

何これ!不思議なセロテープの洞窟。欧州文化首都とは?



2013年の欧州文化首都に選ばれたスロバキアのコシツェで、
セロテープや魚取りの網といった
日用品を材料に作られたインスタレーション作品が展示されている
というニュース↑
「セロテープの洞窟」で遊ぶ子どもたち、スロバキア AFP2013年01月21日

なるほど、セロテープで作られたアートなんですね。

作品を製作したのは
3人組のアーティストグループ「ヌーメン」だそうです。

欧州文化首都(おうしゅうぶんかしゅと)とは、
、欧州連合が指定した加盟国の都市で、
一年間にわたり集中的に各種の文化行事を展開する事業なんだそうです。
毎年代わるようで、
去年2012年はフィンランドのトゥルクとスロベニアのマリボル。
1985年から始まったそうで、
その1985年の欧州文化首都はギリシャのアテネ。
翌年1986年はイタリアのフィレンツェ、
1987年はオランダのアムステルダムというふうに代わっていくようです。
(参照)欧州文化首都 - Wikipedia

開催地が変わるオリンピックみたいですね。


さて、このセロテープで作られたアートをもう少しご紹介しましょう。


P1130059 / we-make-money-not-art

こうやって見ると、氷のような美しさですね。


P1130064 / we-make-money-not-art

なかなか大胆なアートですね。


P1130062 / we-make-money-not-art



P1130066 / we-make-money-not-art

でも、中で子供が遊べるくらい、しっかりしてるんですね。
タグ:芸術
posted by ポジタリアン イエロー at 10:20| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ