2013年01月23日

これから先も円安?それとも円高?


Urban calm. / digitalpimp.


78円か79円くらいでしたか。
アベノミクスが取りざたされて一気に円安へ。
その結果、ずっと株価が上昇し続けて。

そういう流れもあってか、自民党が選挙で大勝されましたね。

あれから1か月以上が過ぎ、
ようやく円安の流れも落ち着きそうな雰囲気になってる?
いったん90円を付けた後、今は88円。

もう産業が空洞化してしまった日本において、
円安にメリットがある状況ではあまりなくなっていて、
そういう点からも石破さんの発言や甘利さんの発言がありましたね。

貿易赤字が定着しているわけですから、
国全体で見れば、単純にドル円だけの話じゃないのですが、
いわば、赤字額が膨らむ方向性が強くなるだけですから。
逆に貿易黒字の時に円安になれば、黒字額が膨らんでいくでしょうけど。


さて、こんなニュースもありました。
アングル:「アベノミクス」による円安が加速、日本のバーゲンセールを警戒 ロイター2013年01月11日
日本のGDPの約13%を占める輸出型企業にとって円安は恩恵だが、
残りの87%にとっては原油高、商品高などコスト増に。
円安政策を進める安倍政権は国内の13%に配慮して政策運営をしている

そして、経済成長を伴わない円安とインフレは、
海外勢にとっては日本資産の「バーゲンセール」を招きかねないとの警戒感。

…そうですよね。円安になるということは、海外通貨高なわけですから、
日本の資産が安く買える。
つまり、土地でも企業でも買収しやすいんですよね。

日本ペイントに事実上の買収提案 香港塗料大手がTOB 朝日新聞2013年1月22日
というニュースがこれにあたるか知りませんが、
今後もずっと円安になっていくと、こういう事例が増えていく
のかもしれません。


また、こんなニュースもありました。
「90円の壁」を超えたドル、来週は露骨な政策に海外からのけん制も ロイター2013年01月18日
海外では「アベノミクス」に冷ややかな見方が広がっている。
特に円安による株価押し上げ、成長てこ入れ、
そして輸出業者支援政策には「近隣窮乏化策」との批判の声が上がっている。

では、日本にとってのメリットはどうだったんでしょう。
生活用品も食品も輸入品が多くなっている以上、値上がりしますよね。
ガソリンもしかり。ずっと値上がりし続けてますよね。

でも株価も上昇してるから良さそう?
上昇したら、儲かった日本人も多いのでは?
そうすれば国内にお金も還元されて景気も良くなる?
って思いたいんですが、現実は違うんですよね。

2011年度で見ても、海外投資家の売買合計は67.8%。
外国人投資家(海外投資家)とは YOMIURIONLINE

約7割が外国人なんですよね。
国内の機関投資家を差し引けば、個人で儲かった額って少なそう。
思いつくメリットは、このまま株高であれば、
3月末決算のときに財務諸表に好影響があるのかな?くらいでしょうか。


Calm / Aqaba


海外で批判され、
内閣からもそろそろ落ち着いたほうが…という意見が聞かれ…。
そういう流れからでしょうか。

こんなニュースが。
コラム:白川日銀の粘り勝ち、アベノミクスに軌道修正の気配 ロイター2013年01月22日

そろそろパフォーマンスを終えて、
現実路線に舵を切って頂けるのかなと思っています。

ただ、選挙後、そうそうに
尖閣諸島への常駐公務員の公約を取り下げられましたが、
取り下げなくてよかったんじゃ?と思うんですが。
こっちは財界とのつながりから腰が引けちゃったんですかね。
安倍総裁、尖閣公務員常駐先送り 中国へ特使派遣検討 47NEWS2012年12月22日

対中柔軟姿勢の結果のニュース↓
中国国営新華社通信は15日、
中国当局が沖縄県・尖閣諸島の測量を実施すると報じた。
新華社通信が中国地理当局のコメントとして伝えたところによると、
尖閣諸島の測量は、中国の「領有する島と岩礁」の
地図作製計画の一環として実施される。
調査は中国の「海洋の権利と利益」を守る取り組みの一部だという。
中国、尖閣諸島の測量実施へ 新華社 AFP2013年01月15日


話が逸れちゃいましたが、
円安はそろそろ落ち着いたほうが良さそうですよね。
株価は下落していくでしょうけど。

もし、この先も円安がずっと続くようであれば、
それは日本自体のバーゲンセールとなって、
海外ファンド勢によって国債が暴落して
ギリシャやイタリアのようになってしまうかもしれませんしね。


Take a rest / Jokkman


追記:こんな記事を見つけました。
萎んでいくアベノミクス BLOGOS(ブロゴス)2013年01月23日

コラム:「インフレ期待バブル」は持続するか=佐々木融氏 ロイター2013年01月22日
資産購入プログラムについては
来年から期限を定めないで購入する方式を取るとのことだが、
すでに決まっている2013年中のペースとさほど変わらない。
ターゲットを導入しただけではインフレ率は上がらない。
実際は上がっていないインフレ率が上がることを想定して膨らんだ
「インフレ期待バブル」は、
破裂はしないまでも、多少縮んでしまう可能性がある。
タグ:経済
posted by ポジタリアン イエロー at 10:34| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ