2013年02月06日

首が真後ろ以上に回るフクロウの頸動脈はなぜ切れないの?



なぜフクロウは、首をほぼ1回転させても頸動脈を傷めずに済むのか?
この謎を米ジョンズ・ホプキンス大学の医学チームが突き止め、
1日発行の科学誌「サイエンス」に発表したというニュース↑
フクロウの頸動脈はなぜ切れない?米医学チームが解明 AFP2013年02月04日

そりゃ、腕をぐるぐる回しても血管は切れないですよね。

別段、不思議には思わないこの疑問、
研究を主導した
頭頸部の動脈を損傷したことによる患者の症状を診てきた
脳撮像の専門家の先生は、
「フクロウが頭を素早く回転させても平気でいられるのはなぜなのか、
どうして森の地面には脳卒中を起こして死んだフクロウの死骸が
たくさん転がっていないのか、これまでずっと頭を悩ませてきた」そうです。

なるほど。人間の頭頸部の動脈を損傷した
患者さんを診てきた先生ならではの発想ですね。


その前にフクロウについて。
フクロウは眼球を動かせない体のため、頭を回転させてみるそうです。
上下を反転させたり、真後ろを向いたり…

真後ろ以上回せますが、もちろん、360°は回りません。
左回りに270°、右回りに270°と270°まで回せるんだそうです。
(参照)フクロウ目 - Wikipedia
    フクロウの首はなぜ一回転できる?朝日新聞


では、本題に戻って、
この研究チームでは自然死した複数種のフクロウを用い、
血液の代わりに血管に色素を流し込んで、
頭部と頸部の骨格と血管構造をX線画像で調べたんだそうです。

すると、ちょうど顎骨(がっこつ)の下あたりの血管が
膨らみ続けて血液をためる袋のようになったんだとか。

フクロウには顎(あご)の骨の下に血の貯蔵袋があって、
補助的な血管網がさまざまに相互接続し合い、
状況に適合して血流の妨げを最小限にとどめていると考えられる
…んだそうです。

腕をぐるんぐるん回すと、ちょっとしびれたりしませんか?
ああいうことにはフクロウはならないみたいですね。


Small Owl / The Itsy Bitsy Spider
タグ:動物
posted by ポジタリアン イエロー at 10:23| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ