2013年02月08日

昨日は北陸に春一番が吹いたっていうニュースがありましたね。


Snow near Fremont / vzaliva


北陸に春一番、史上最速 富山地方気象台が発表 朝日新聞2013年2月8日
富山地方気象台は7日、北陸地方に「春一番」が吹いたと発表したそうでう。
昨年より32日も早く、記録が残る1999年以降で最も早いのだとか。

記事をずっと読むと、
・8日は暴風と大雪の恐れ。
・7日午後1時32分に朝日町泊で最大瞬間風速28.4mの強風。
・最高気温は午前11時5分に高岡市伏木で3月上旬並みの9.6℃。
だったそうです。※箇条書きにした理由は後ほど。


春一番なんて名前が付いてるから、吹いたら春が来るのかと思ってました。。
でも、昨日、台湾坊主について書いたので、ついでに調べてみました。

気象庁 こんにちは!気象庁です! 平成15年2月号によると、
春一番について、こんな文章がありました。
冬も終わり頃になると冬型の気圧配置は長続きせず、
東シナ海から日本列島の南岸を低気圧が通るようになります。
この低気圧は西日本から東日本の各地に雨を降らせ、
関東や内陸部では雪になることもあります。
更に季節が進むと、低気圧の進路はもっと北に移り、
日本海を北東に進むコースをとるようになります。
そして、この低気圧に向かって温かい南風が吹き込むような気圧配置になります。
このような冬から春へ移り変わる時季に、
初めて吹く南よりの強い風を、気象庁では、「春一番」として発表しています。


前半の日本列島の南岸を低気圧が通り…関東や内陸部で雪…
というのは、昨日書きました台湾坊主(南岸低気圧)のことですよね。
台湾坊主ってご存知ですか?

後半は春一番のことで、
低気圧が日本海を北東に進み、低気圧に向かって温かい南風が吹き込み
…とあります。

また、次のような記述が。
「春一番」が吹くのは、
日本海で低気圧が発達しながら北東に進むときなどで、
強い南風の後には強い北風が吹いて、突風を伴うこともめずらしくありません。
このため、「春一番」のお知らせは
季節の便りであると共に災害予防の情報でもあります。



そして、春一番の定義が書かれていて、
1.立春(おおよそ2月4日)から春分(おおよそ3月21日)の間で
2.日本海に低気圧があること
3.強い南寄りの風 風速8m/s以上
4.気温が上昇すること
…という条件があるそうです。


朝日のニュースにあった(私が箇条書きにした部分)
・8日は暴風と大雪の恐れ。は春一番が過ぎた後の強い北風によるもので、
・最大瞬間風速28.4mの強風。で風速8m/s以上になり、
・最高気温は3月上旬並みの9.6℃。っと気温が上昇したんですよね。

春一番の定義から考えると、何回吹いてもおかしくないですよね。
だから、春一番 - Wikipediaによると
春一番が観測されたとき以降、
同じ年に同様の南風が複数回発生した場合には、
俗に「春二番」「春三番」と呼ぶことがある。
…んだそうです。


また、春一番 - Wikipediaによると、
安政6年(1859年)2月13日、
長崎県壱岐郡郷ノ浦町(現・壱岐市)の漁師が出漁中、
おりからの強風によって船が転覆し、
53人の死者を出して以降、
漁師らがこの強い南風を「春一」または「春一番」と呼ぶようになったのだとか。

気象庁のお知らせにもあるように、災害予防の情報だったんですよね。
呑気に「もう春かぁ」って話ではなかったようです。

春一番が吹いたというニュースがあれば、
突風に注意ってことで、
そのあと大雪もあるかもってことなんですよね。


Snow Play2 / carterse
タグ:気象
posted by ポジタリアン イエロー at 08:09| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ