2013年02月12日

月食は必ず満月の時に起こり、日食は必ず新月の時に起こる


Eclipse_20120520-2 / Michael Dunn~!


国立天文台 天文情報センター 暦計算室に、
平成26年 (2014) 暦要項を発表しました!ってありました。
来年分は今、発表されてるんですね。

去年は金環日食が2012年5月21日にありましたね。
来年分を見ても仕方ないので今年は月食とか日食とかいつなんだろうと
暦要項2013 日食・月食などを見てみると…
本年は日食が2回、月食が1回あり、
そのうち日本では日食が1回、月食が1回見られるそうですが、
4月26日の部分月食と5月10日の南鳥島周辺での部分食の金環日食
ということで、パッとしない年でした。。


月食と日食
さて、月食は地球の影でお月さんが隠れることなので、
太陽ー地球ー月 って一直線に並んだ状態なんですよね。

そして日食は太陽をお月さんが隠してしまう状態なので、
太陽ー月―地球 って一直線に並んだ状態ですよね。

月食 - Wikipediaを見ると、
月食とは、地球が太陽と月の間に入り、
地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。
望(満月)の時に起こる。
って書かれてました。

日食 - Wikipediaを見ると、
日食とは、太陽が月によって覆われる現象である。朔の時に起こる。
って。

本当?その前に満月と新月について見ないとわからないですね。


満月と新月
満月とは月と太陽の黄経差が180度となること、あるいはその瞬間。
(参照)満月 - Wikipedia
新月とは月と太陽の視黄経が等しくなること、また、その時刻のこと。
(参照)朔 - Wikipedia

難しいですねぇ。
惑星から見て、天球上を恒星が1年かかって1周する大円の経路を黄道(こうどう)、
同じく地球から見た月の軌道を白道(はくどう)というそうです。

太陽の通り道が黄道で、お月さんの通り道が白道なんですが、
白道は黄道に対して5度8分7秒傾いてるそうです。
そして、2週間ごとに黄道を横切る軌道を描くんだとか。
(参照)白道 - Wikipedia


月食は満月の時に起こり、日食は新月の時に起こる
新月は、お月さんと太陽のある位置が同じ方向なんですよね。
それに対して、満月は太陽とお月さんのある方向がちょうど真逆。
そして、普段はそれぞれ通り道が違うために、重ならないわけですが、
それが時々重なった時、月食や日食になる。

月食はまず太陽と真逆の方向にお月さんがいる満月の時に、
さらに地球と一直線に並んで地球の影でお月さんが覆われた時なんですね。
日食は太陽とお月さんが同じ方向にいる新月の時に、
さらに地球と一直線に並んで太陽がお月さんを隠した時なんですよね。

お月さんと太陽が同じ方向、もしくは真逆のとき以外は一直線に並ばないですよね。

だから、必ず月食は満月の時に起こり、日食は新月の時に起こる。

っと思わず理解するのに暇がかかってしまいました。。


Lunar Eclipse 'Decrescendo' Series / shahbasharat
タグ: 宇宙 太陽
posted by ポジタリアン イエロー at 10:00| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ