2013年02月14日

山賊、海賊、木賊。鉄条網に発条


Equisetum giganteum / Marcia Stefani


今回は辞書ネタです。

山賊(さんぞく)ってあれですよね。
山を根城にした盗賊のことですね。

海賊(かいぞく)って海を拠点とする盗賊。

ん?木賊(きぞく?)
漢字を見た時に、いったいこれって??って思いますよね。
これは「きぞく」ではなく、「とくさ」って読みます。

草の名前だそうです。
トクサとは、シダ植物門のトクサ科トクサ属の植物。
トクサは砥草とも書き、
茎を煮て乾燥させて紙やすりのように研磨に使えるそうです。
それで砥石の代わりの草で砥草(とくさ)。
(参照)トクサ - Wikipedia

こっちは名前の成り立ちがよくわかるんですが、なぜ木賊?
トクサは漢方薬でも使われ、「もくぞく」と読むようです。

理由はよくわかりませんが、
トクサは地下茎がどんどん伸びて繁殖力が強いそうなので、
木々の間でのその生命力の強さや、
やすり代わりになる強さからかもしれませんね。


では、もう一つ辞書ネタを。
鉄条網(てつじょうもう)ってあれですよね。
有刺鉄線で外部から中に侵入できないようにする…。

発条は?はつじょう?
こちらはご存知の方も多いと思いますが、「バネ」って読みます。
普通のバネ。なぜバネを発条って書くんでしょう。
ちなみにぜんまいとも読むそうです。

まずその前に「条」という漢字の意味を。
京都では、一条通りや二条通りなど、道の名前でおなじみ。
条坊制(じょうぼうせい)ですよね。

じょうぼうせい【条坊制】 の意味とは - Yahoo!辞書
古代の都城の市街区画。日本では唐の長安にならい、
朱雀大路をはさむ左右両京を南北に走る大路によって四坊に分け、
東西に走る大路によって九条に分ける。
平城京や平安京など。

条は條の略字体で攸(ゆう)と木を合わせた字。
攸は人を水で禊ぎを行なう意の会意文字で、
水の流れる様から細長いの意が生じたそうです。
木と合わせて細長い木の枝を意味するようになったとか。
条 - ウィクショナリー日本語版

だから、鉄条網の鉄条は細長い鉄ってことですよね。
発にはある位置を始点として、遠方へ短時間に移動させるという
意味や起こる、広がるという意味があるそうです。
発進、発生、発表…

バネの力って反発力が強いですしね。
反発力のある細長い鉄みたいな感じでしょうか。

バネの音は「はねる」から来てるそうですが。
(参照)ばね - Wikipedia

漢字と読みが一致しない言葉って成り立ちがちょっと楽しいですよね。


steel spring I / liebeslakritze
タグ:漢字
posted by ポジタリアン イエロー at 10:44| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ