2013年02月16日

昨日のロシア中部に落下した隕石は直径約15m、重さ約7,000トンの小惑星?



あの昨日のロシア中部に落下した隕石による被害は、
負傷者の方が1000人近くに上ることが分かったというニュース↑
ロシアの隕石落下、負傷者は1000人に AFP2013年02月16日

“隕石”7000トンの小惑星か NHK2013年02月16日
によりますと、
被害総額は少なくとも10億ルーブル、日本円にして30億円以上だとか。

落ちた隕石はNASAによると
直径約15m、重さ約7,000トンの小惑星
時速6万4000キロという猛烈な速度で大気圏に突入して爆発し、
その一部が地上に落下したとみられるとか。

しかも、チェリャビンスクから西におよそ70キロ離れた湖の凍った水面に、
直径8メートルの穴が見つかり、
岸辺では直径6メートルのクレーターのようなものが確認されたほか、
少なくとも4か所で隕石の一部とみられる破片が見つかった
という情報もありんだそうです。


前から書いていますように、
今朝インド洋スマトラ沖を通過した小惑星2012 DA14も
名前に2012ってあるように実は去年発見された小惑星なんですよね。
2012年2月23日にスペインのラサグラ天文台で発見されたそうです。
(参照)2012 DA14 - Wikipedia

また、昨日の出来事でしたが、Wikipediaではページが作られていて
(暫定ということでページ名は変更になるかもしれませんが)、
2013年チェリャビンスク州の隕石落下 - Wikipedia
によりますと、この2つの小惑星、
隕石の落下方向と2012 DA14の軌道は正反対と全く異なるため、
2つの現象に関連性はなく、
単なる偶然であると考えられているんだそうです。

また、隕石の直径を10mと推定した日本スペースガード協会の高橋典嗣さんによれば、
もし空中で隕石が砕けずに地表に落下すれば、
直径100mのクレーターが生じ、周辺は壊滅的な被害になったと推定されるという記述も。


(関連記事)
火球って飛んでいるとき音は聞こえるの?
流星雨・隕石が原因?ロシアのウラル地方の地上近くで爆発が起きたというニュース


追記:
その後、直径約17m、重さ約1万トンに修正されました。
“隕石”1万トンの小惑星か NHK2013年02月16日
また、修正されるかもしれませんね。
タグ:地球 宇宙
posted by ポジタリアン イエロー at 12:28| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ