2013年03月14日

金属疲労?2001年に運用を開始した京都府伊根町にある風力発電所の羽根と発電機が落下



ニュースによりますと、12日午後7時半頃、
京都府伊根町に設置してある太鼓山風力発電所を遠隔制御している
福知山市の府公営企業管理事務所で
3号機の異常を知らせる表示があったそうで、
翌13日午前9時40分に点検業者が落下しているのをみつけたそうです。
伊根・太鼓山風力発電所 支柱折れ、羽根落下 先端部、金属疲労か  京都新聞2013年3月14日

高さ約50mから羽根と発電機ごと落下したそうで、落下物の重さは約45トン。
羽根の長さは約25mで3枚、地上から約46mのボルト接合部分付近から折れてたそうです。

風車1基の建設費は約1億7,800万円で耐用年数は17年。
設計上は風速25mまで発電が可能。
※ちなみに異常を感知したときの風速は15mだったそうです。

府は金属疲労の可能性があるとして、専門家を交えて原因を調べるそう。


大きな地図で見る

太鼓山風力発電所の概要 京都府によると、
運用開始年月は平成13年11月。
設置台数は6基。総事業費約15億円。

平成9年にCOP3(地球温暖化防止京都会議)が行われ、
京都議定書が採択された歴史的な採択の地である
京都の地球温暖化防止にかける熱い思いをメッセージとして発信するため
作られた公営企業の大型風力発電所だそうです。
京都府企業局太鼓山風力発電所 新エネルギー財団

先のニュースにありましたが、6基のうち、4、5号機は落雷などで故障中。
11年度は4,700万円の売電収入があったそうですが、
故障と風力不足で約4,500万円の赤字だったそう。


周りに民家などがなく、けが人もなくて本当に良かったですが、
運用開始が2001年11月ということで、まだ、11年5か月ほどですか?
技術的に難しいことなのかもしれませんが、耐用年数は17年。

笹子トンネルの落下もびっくりでしたが、
手抜き工事や設計ミス(故意を含む)などがなかったかきちっと調査して頂いて、
技術立国日本を取り戻していただきたいと切に願いますね。

2005年前後でしたか、耐震偽装のニュースもありましたしね。。
タグ:京都
posted by ポジタリアン イエロー at 07:37| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ