2013年03月14日

コンクラーベは前回同様2日目の選出。初めての南米出身者 フランチェスコ1世に。



ローマ法王庁(バチカン)は13日、
新しいローマ法王を選ぶ会議「コンクラーベ」で
アルゼンチン出身のホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(76)枢機卿を第266代法王に選出した。
フランチェスコ1世を名乗る。南米出身者が法王に就くのは初めてというニュース↑
新法王にアルゼンチンのベルゴリオ枢機卿 AFP2013年03月14日

NHKの報道によりますと、
日本時間14日午前3時過ぎに法王が選出されたことを示す白い煙が上がったそう。

コンクラーベはこの100年間で今回も含め9回行われてるそうですが、
最も早く法王が決まったのは1939年のピウス12世で、2日目の3回目投票だったとか。
続いて、1978年ヨハネ・パウロ1世と
前回の2005年のベネディクト16世が2日目の4回目投票で選出。
今回のフランチェスコ1世は2日目の5回目投票で選出され、
上記に次ぐ早さだったそうです。

逆にこの100年間で一番遅かったのは、
1922年のピウス11世が選ばれたときで、5日目の14回目投票で決まったとか。
新法王はフランチェスコ1世 NHKニュース2013年03月14日

ちなみに、フランチェスコ1世は
前回2005年のコンクラーベでは次点候補だったそうですよ。
新法王にアルゼンチンのベルゴリオ枢機卿 AFP2013年03月14日


Vatican / dslrtravel.com
タグ:世界
posted by ポジタリアン イエロー at 09:55| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ