2013年04月05日

天竜川 稚アユ1万1千匹が大量死と岐阜県北部の深発地震


諏訪湖の雲 / kuracom ※イメージ画像です


1.天竜川 稚アユ1万1千匹が大量死
大量死が見つかったニュースです。
天竜川の水質「強いアルカリ性」 アユ大量死で調査 静岡新聞 2013年04月04日
国土交通省浜松河川国道事務所は3日、
稚アユ1万1千匹が1,2日に大量死した浜松市浜北区の天竜川の八幡樋管付近で
水質調査を行った結果、
水素イオン濃度が、強いアルカリ性を示す値だったと発表。

天竜川の環境基準の6.5〜8.5pHを1日は全地点、2日では3地点で超えていたとか。
いずれも上流地点の値が高かったそうで、
残留塩素や重金属の全シアン、六価クロムは検出されなかったそうです。

人為的な環境汚染かもしれませんが
自然現象でも水草や藻類が多い場所、植物性プランクトンが多いと、
光合成によってpHは9付近まで上昇することがあるとか。
(参照)【pdfファイル】熊本県 水質を調べる(pH)
これは夏場の日差しが強い日などでとてもまれなことのようです。

気になるのが、天竜川は諏訪湖から始まるんですが、
この諏訪湖はかつて生活排水などにより湖の富栄養化が進み、
アオコが大発生し、湖面が緑色になり…ということもあったそうですが、
水質改善活動の結果、大幅に水質が改善されているが、
昭和初期の姿を取り戻すまでには至っていないとか。

なのでやっぱり人為的かもしれませんが、
諏訪湖は中央高地の隆起活動と糸魚川静岡構造線の断層運動によって、
地殻が引き裂かれて生じた構造湖。
(参照)諏訪湖 - Wikipedia

強いアルカリ性の地下水が何らかの形で
上昇して流れ込んだりすることもあるかもしれない???

原因は不明なようなので、ちょっと気になってます。


2.岐阜県北部の深発地震
今朝のHi-net 高感度地震観測網を見ると、
岐阜県北部に深発地震がありました。



このラインでは深発地震が多いんで、
気にすることはないかもしれないですが↓


こちらは30日分です。
弧を描くように深発地震(青丸)が広がってますね。



このラインはこの30日だけじゃなく、ずっとこんな感じですが、
プレートの沈み込みと関係があることは見た瞬間にわかりますよね。


地殻を構成するプレート群/USGS, Washiucho

太平洋プレートが沈み込んだ先のようですが、
この岐阜県北部での深発地震について、以前記事にしました。
深発地震と地震の関係

そこには深発地震 - Wikipediaから
太平洋プレートの沈み込みにより発生する
飛騨地方の M5以上の稍深発地震と
関東地方の40kmから70kmの深さで発生するM5.5以上の地震には、
有意な相関が認められる。
…という記述を引用する形でご紹介してるんですが、
これに該当するかどうかわかりませんが、ちょっと気になったので。


昨日まで、ちょっと大きめの地震が日本全体で続いていますね。
平成25年03月29日00時48分頃 千葉県東方沖 M4.2 震度3
平成25年03月31日16時46分頃 宮城県沖 M5.3 震度4
平成25年04月02日03時53分頃 三陸沖 M6.1 震度3
平成25年04月02日05時04分頃 三陸沖 M5.2 震度2
平成25年04月02日05時07分頃 三陸沖 M5.0 震度1
平成25年04月02日11時09分頃 三陸沖 M5.6 震度3
平成25年04月04日01時58分頃 石川県加賀地方 M4.3 震度4
平成25年04月04日13時42分頃 千葉県東方沖 M5.3 震度4

ちょっと活発化?し始めてるのかもしれないので、載せました。

追記:東伊豆奈良本観測点での体積ひずみ計ちょこっと変化→小さな地震

プレスリップと低周波地震 地震と火山についてちょこっと勉強中
でご紹介した、
気象庁 伊豆東部の地殻活動
これは東海地震の予知のために設置されてることは先の記事で書きました。

久々に見てみると↓

緩やかに下ってるのは、雨のせいだと思うので気にしないでください。
赤丸で囲った部分がかくんと下がってますね。
そのあとにちょこっと地震が。

平成25年04月04日00時15分頃 
震源地は静岡県東部 震源の深さは約10km M2.2 最大震度2
…これにあたるかどうかわかりませんが…。

その後、
平成25年04月04日18時09分頃 伊豆半島東方沖 M3.5 震度2
というのもありました。
タグ:地震の情報
posted by ポジタリアン イエロー at 07:40| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ