2013年04月28日

朝焼けの美しい画像をセレクト


Morning glow / bugeaters


明け方と言えば、日本語では細かく分類されてるんですよね。

暁(あかつき)とは、太陽の昇る前のほの暗いころ。
時刻の推移を「あかつき」「しののめ」「あけぼの」と区分し、
「あかつき」は夜深い刻限をさして用いられた。
あかつき【暁】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
だそうです。

東雲(しののめ)とは、
夜が明けようとして東の空が明るくなってきたころ。
しののめ【東雲】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

曙(あけぼの)とは、
ほのぼのと夜が明けはじめるころ。「朝ぼらけ」より時間的に少し前。
あけぼの【曙】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

朝ぼらけ(あさぼらけ)とは、
夜のほのぼのと明けるころ。夜明け方。
「あけぼの」より少し明るくなったころ
あさぼらけ【朝ぼらけ】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

夙めて(つとめて)とは、早朝。夜明けがた。
つとめての意味 - 国語辞書 - goo辞書

…細かいですねぇ。
何が何だか…とも思いますが、
私は京都なので、朝、早起きしてお散歩すると、
まだ真っ暗なのに東山の稜線がほんのり白んでいるところから、
数分で稜線が赤く染まっていき、
見る見るうちに全天に広がっていって、
また数分で全天が白んでいったりする変化が大好きでした。

きっと「春はあけぼの やうやう白くなりゆく山ぎは」は、
こんな姿のことだったのかなといつも思います。

そんな東山の変化をいろんな言葉で表していたんですよね。
暁 → 東雲 → 曙 → 朝ぼらけ もしくは 夙めて

NHK テストの花道 - 過去の放送 -「日本語をおいしく読む 第2弾」
では、美しい日本語に
暁(あかつき) 夜半過ぎから夜明け近くまでの時間
東雲(しののめ)「暁」の終わりで、東の空がほのかに明るくなる頃
曙(あけぼの)「日の出」の一歩手前
夙めて(つとめて)早朝
暁がもっとも夜で、東雲、曙、夙めて、と
だんだん朝に向かっているのだ。 …とありました。

「朝ぼらけ」と「夙めて」は、同じような意味かもしれませんが、
言葉の響きを考えると、面白いですよね。

朝ぼらけって何か休日の朝みたいなぼーっとした雰囲気がありそうだし、
夙めてって勝手な想像ですけど、平日の忙しそうな朝みたい。


そんなうんちくはさておき、美しい朝焼け画像を
いつもの商用無料の写真検索さんからセレクト。


Morning glow / uzi978

力強く夜が明ける雰囲気がいいですよね。


morning glow1 / raneko

ここからは続き物みたいです。


morning glow2 / raneko

早朝独特の雰囲気ってありますよね。


morning glow3 / raneko

日中と変わらないようにも思いますが、
太陽の光が雲の横側に当たっているので、やっぱり朝って感じがしますね。


Morning Star / sapheron

こちらは暁って感じですね。


Morning glow / strollers

グラデーションがきれいですね。


Morning glow / d'n'c

今日も始まるぞ!って雰囲気がいいですね。
タグ:風景
posted by ポジタリアン イエロー at 07:30| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ