2013年05月22日

カムチャッカ半島でM7.0以上の地震発生の可能性が高まる?


Kamchatka 2010 613 / Ssppeeeeddyy


5月18日以降、ずっと群発地震を起こしていて
気になっていたカムチャッカ半島の群発地震について、
カムチャッカ半島の先端(南)の東海岸での群発地震
という記事を書きました。

5月18日はM4.0〜M5.0あたりが9回ほど
5月19日はM4.0〜M6.0あたりが32回ほど
5月20日はM4.0〜M5.6あたりが23回ほど
5月21日はこれまででM4.0〜M6.0あたりが11回(世界標準時6時までで)
だったんですね。

内、M6.0は4回でした。

その後、次のようなニュースが。
カムチャッカ半島地震 M7.0以上発生の可能性高まる?  エキサイトニュース 2013年05月21日
ロシア科学アカデミー極東支部は、
27日までカムチャッカ半島南部でM7.0以上の地震が発生する可能性
高まっていると発表したというニュース。

また、(日本の)気象庁では、
「地震はプレート境界付近で発生していると見られるが、
M7.0以上になると津波が発生する可能性があるため、
動向を注視している」とのことだそうです。


昨日載せましたヨーロッパ地中海地震センター
続きはこんな感じ↓



赤線より上がその後発生した地震です。
その後も世界標準時21日19時37分までで18回ありますね。
なので21日はここまでですでに29回。


さて、気になったのが過去のカムチャッカの地震
地震の年表 - Wikipediaからピックアップすると、

1792年 08月23日 カムチャツカで地震 - Mw 8.5。
1841年 05月18日 カムチャツカで地震 - Mw 8.6。
1923年 02月04日 カムチャツカで地震 - Mw 8.5(Mt 8.8)。
1943年 11月29日 カムチャツカで地震 - M 7.9、Mは過大。
1952年 11月04日 カムチャツカ地震 - Mw 9.0(Ms 8 1/4、Mt 9.0)。

…っとありました。

このうち、一番下の1952年のカムチャッカ地震では、
日本に津波がやってきて、
遡上高8.5m、第一波の高さは1.0mだったそうです。
(参照)カムチャツカ地震 - Wikipedia


1943年の地震はMが過大評価されてるかもしれないので、
飛ばしてサイクルを見てみると、

1792年から1841年の間は49年
1841年から1923年の間は82年
1952年から1923年の間は29年

結構、マチマチですが、おおよそ53年に1回ほど起こってるよう。

なので、過去の例から考えると、
巨大地震の可能性や日本への津波の可能性に要注意なようです。


また、繰り返しになりますが、
カムチャッカ半島の先端(南)の東海岸での群発地震
に書きました、
2011年3月11日の前の動きとして
2011年1月から2月上旬くらいまで小笠原諸島近海で地震が、
その後3月7日くらいに小笠原諸島とカムチャッカ半島で、
そして3月9日に前震のM7.3が…。

例えば、今回は場所は違いますが、
2013年1月から2月に箱根山の群発地震
火山性の地震が多発している?箱根の最近の地震活動
4月には三宅島に石垣島で群発地震が、
2013年04月の地震を振り返って
※昨日は石垣島でM4.7とM5.9がありました。
 05月21日15時13分 石垣島近海 ごく浅い M4.7
 05月21日17時26分 石垣島近海 約10km M5.9
気象庁 地震情報

そして、5月18日に、
2013年05月18日 14時48分 福島県沖 震源の深さ50q 石巻で震度5強
福島県沖震源で石巻で震度5強を観測した地震が14時48分にありました。ん?14時48分??

と同じく5月18日からはカムチャッカ半島で群発地震。
5月18日はM4.0〜M5.0あたりが9回ほど
5月19日はM4.0〜M6.0あたりが32回ほど
5月20日はM4.0〜M5.6あたりが23回ほど
5月21日は世界標準時19:37までで29回
※一番最初に載せたニュースでは19日から数えていましたが、
18日から数えるとすでに、93回に。


何もなければいいのですが、
地震にしろ、津波にしろ、注意しておいたに越したことはなさそうです。


Kamchatka 2010 271 / Ssppeeeeddyy
タグ:海外地震
posted by ポジタリアン イエロー at 07:54| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ