2013年06月01日

太陽黒点はただいま減少中!?この先の太陽活動は静穏化(地球寒冷化)?


NASA Sun Earth / NASA Goddard Photo and Video


2013年5月の人気記事ベスト5+α
という記事に書いたように、今回は太陽黒点のお話です。

太陽の極大期と予想される2013年05月に向けて、
2013年03月下旬からどんどん太陽黒点が増えていってたのですが、
5月半ばから減少に転じたようです。

その推移を見てみましょう。
黒点数は黒点情報 宇宙天気情報センター(NICT)を記録しています。

3月23日〜31日
56 45 56 41 35 49 73 70 83

4月01日〜10日
84 103 109 119 146 117 144 162 116 163
4月11日〜20日
121 128 148 111 99 97 89 86 101 101
4月21日〜30日
76 83 95 93 104 100 97 136 165

4月の気になった出来事 
04月13日 05時33分 淡路島付近 深さ10q M6.3 最大震度6弱
04月16日 イランとパキスタン国境 深さ約15.2q M7.8
04月17日 三宅島と石垣島近海で群発地震
04月17日 17時57分 三宅島近海 深さ20q M6.2 最大震度5強
04月17日 21時03分 宮城県沖 深さ60q M5.8 最大震度5弱
04月19日 12時06分 千島列島 深さ10q M7.0 最大震度4
04月20日 中国四川省西部でM6.9の地震
2013年04月の地震を振り返って

太陽黒点が増加してその後、中旬に少し落ち着いてくるんですが、
地震は中旬に固まっていたように思います。


5月01日〜10日
151 102 139 156 103 122 118 112 154 149
5月11日〜20日 ※212は5月16日
145 173 144 142 186 212 198 146 113 113
5月21日〜31日
119 107 117 99 107 92 87 75 83 71 58

5月の気になった出来事
5月13日10:52 X1.7
5月14日00:36 X2.8
5月14日09:58 X3.2
5月15日10:16 X1.2
X1.7に続きX2.8の太陽フレアが。2013年の極大期に大型の太陽嵐の可能性?追記:その後X3.2のフレアも

5月18日 14時48分 福島県沖 震源の深さ50q 石巻で震度5強
福島県沖震源で石巻で震度5強を観測した地震が14時48分にありました。ん?14時48分??
5月18日〜21日 カムチャッカ半島東海岸で群発地震
カムチャッカ半島の群発地震 沈静化?それとも地震活動静穏化?? フィリピン海プレートM6以上の可能性???
5月24日 5時44分 深さ599q M8.2
カムチャッカ半島横のサハリン沖で深さ590q M8.2の地震が発生

ちょっと太陽黒点のピークからはずれてますが、気になる地震がありました。

また、太陽黒点と経済は相関関係があるみたいなことが言われますが、
あの1,143円の急落をした2013年05月23日、
高値は15,942円まで行きました。
30日にも737円の急落。
5月31日の終値は13,774円でした。

こちらも太陽黒点のピークからはずれてますが、
太陽黒点が急激に減少している中での急落劇のような気もします。


太陽黒点自体の話に戻ると、
5月16日の212をピークに、5月31日には58まで急落しているわけですが、
太陽極大化のピークは本当に終わったのでしょうか。

そして、観測されているようにプチ氷河期になるかもしれない
太陽四重極構造はさらに進行していくのでしょうか。
穏やかな極大期を迎えつつある太陽。地球寒冷化(プチ氷河期)へ進行中?

ピークは秋という見方もあるそうなので、まだわからないですね。
太陽は27日周期とも言われているので、
活発だった時期の27日後あたりに注目してみようと思っています。
つまり6月の中旬あたり。


NASA Earth from Space / gnews pics
タグ:太陽
posted by ポジタリアン イエロー at 12:10| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ