2013年06月08日

青天の霹靂。霹靂(へきれき)って何?ヒントは地震・雷・火事・親父


Nothing But Blue Skies Do I See / katerha


霹靂(へきれき)って漢字も画数が多くてすごいですよね。
雨冠に僻のニンベンがないのと歴。

ということは雨に関係がある?
っとそうなんです。
霹靂とは雷(かみなり、いかずち)のこと。

青天の霹靂(せいてんのへきれき)というと、意味は、
急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。なんですが、
青天の霹靂の意味 - 国語辞書 - goo辞書
晴れ渡った青空なのに急に起こる雷を表してるんですよね。
※ちなみに「晴天の霹靂」は誤りだそうです。

ということで、地震・雷・火事・親父の中にあったでしょ。

こちらはなぜ親父が入っているの?って気になりますが、
昔の父親は家父長制度で家中の序列が厳しかったんですよね。
なので親父が入ってるそうですが、
俗説によると、親父は台風を意味する「大山嵐(おおやまじ)」とか
言われてるんだそうです。
地震雷火事親父 - 故事ことわざ辞典


lightning strikes / twofivesevenzero


ということで、今日は雷(かみなり)について。

神鳴り
雷と言えば、以前、書きましたよね。神鳴り(かみなり)って。
昔、雷は神が鳴らすものと信じられていたため「神鳴り」と呼ばれたって。
雷・山鳴り・地鳴り・海鳴り

雷の光は稲妻(いなずま)。
雷 - Wikipediaによると、
稲が開花し結実する旧暦(太陰暦)の
夏から秋のはじめにかけて雨に伴い雷がよく発生し、
その落雷によって大気中の窒素が田畑に固着されるため、
落雷した稲穂は雷に感光することで実るという理解が生まれたそうです。

そして、雷を稲と関連付けて稲の配偶者(妻)と解して稲妻や稲光となったとか。

昔の方々がこんなことをご存じだったのか、ちょっと疑問ですが、
大気中に多量に存在する窒素分子は、
雷の放電や紫外線によって、窒素ガスが酸化され、
これらが雨水に溶けることで土壌に固定されるんだそうです。
(参照)窒素固定 - Wikipedia

しかも窒素は、
植物にとっては、リン酸、カリウムと並んで肥料の三要素の一つであり、
特に葉を大きくする作用が強いため、葉肥と呼ばれるんだとか。
(参照)窒素 - Wikipedia

そう考えると、大切な肥料を与えてくれる雷の光は稲妻なのかもしれませんね。


雷は何ボルト
空気って本来は電気を通さない?ですよね。
でもその絶縁の限界値っていうのがあるそうです。
それが約300万ボルトなんだそう。
(参照)雷 - Wikipedia

落雷 - Wikipediaによると、
落雷時の電圧は200万〜10億ボルトにも達するんだとか。

家庭用の電源は通常100ボルトですよね。
(参照)電源 - Wikipedia
そう考えると、すさまじい電圧なんですよねぇ。。

雷はよく発生するものですが、
1994年〜2003年の統計(警察白書)によると、
日本での落雷による年平均被害者数は20人、
うち死亡者数は13.8人であり、被害者の70%が死亡されてるとか。
(参照)落雷 - Wikipedia
年間十数人もお亡くなりになってるんですね。

青天の霹靂じゃないですが、
急に雷が発生することもあるかもしれません。
気象情報は時々チェックしておくほうがいいかもしれませんね。
特に外出時。

今は落雷位置情報があるので、どこでたくさん雷が発生しているかがわかるので、
時間によっては、もうそろそろ雷になるかも?ってわかるのもありがたいです。

http://www1.kepco.co.jp/kaminari-info/rakurai/index.html

こちらは関西の落雷情報↑
全国なら、落雷情報 - Yahoo!天気・災害も。


それにしても、
落雷の画像を見ていると、縦横無尽に稲光が走ってるんですよね。


Lightning Strike | The lightning storm / Pixelglo Photography



Lightning Strikes | Blitzeinschlag / Lars Kasper



Multiple Cloud to Ground Lightning Strikes in Albuquerque / Lightning_Todd



Saigon Lightning Strike / regsgs
タグ:気象 言葉
posted by ポジタリアン イエロー at 07:54| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ