2013年07月26日

【経緯】って何て読む?全部で4つ


Check / Dano


普通に読んだら「けいい」ですよね。
でも、ほかにも3種類、読み方があったんです。

その前に、経と緯の意味するところを考えてみると、
織物とかをご存知の方は、
織物の縦の糸を経糸(たていと)、横の糸を緯糸(よこいと)
っていうのをご存じだと思うんですが、
縦と横なんですよね。

地図でも経度と緯度という形で表しますが、これも縦と横。

なので、残りの読みの1つめは「たてよこ」
そのままでしたね。

ほかには、緯糸(よこいと)の緯は
貫(ぬき)と同じく「ぬき」と読むそうです。

緯(ぬき)とは、織物の横糸、ぬきいと。
横にとおっているもの。よこすじ。だそうです。
緯 とは - コトバンク

なので、2つ目は「たてぬき」

3つ目は「けいい」のことを別の言い方で言ったりしますね。
ことの「いきさつ」は?みたいな感じで。

なので、3つ目はそのまま「いきさつ」


一つの熟語なのに4つも読みがあるんですよね。ちょっと珍しい??

では、おさらい。
経緯(けいい)とは、縦糸と横糸。物事の筋道。いきさつ。
けいい【経緯】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

経緯(たてよこ)とは、たてとよこ。よこたて。たてぬき。
たてよこ【縦横/経緯】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

経緯(たてぬき)とは、機(はた)の縦糸と横糸。けいい。事の始終。すべて。
たてぬき【経緯】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

経緯(いきさつ)とは、物事のこみいった事情。事件の経過。
いきさつ【経緯】の意味 - 国語辞書 - goo辞書


「線」である経糸(たていと)と緯糸(よこいと)が絡まり合って
「面」である布が出来るのは、やっぱり不思議ですよね。
機織り(はたおり)で織ると、その不思議な経緯(けいい)がよくわかる。
そんなところから、「けいい」や「いきさつ」の意味になったのかもしれませんね。


Silk weaving / Jaymis
タグ:漢字
posted by ポジタリアン イエロー at 13:14| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ