2013年08月14日

こんな猛暑が続いていますが…地球寒冷化に移行中?(2013年7月の黒点数推移も)


After the heat wave / photogirl7.1


最近も、太陽黒点はただいま減少中!?この先の太陽活動は静穏化(地球寒冷化)?
という記事をよくお読みいただいているみたいなので、
なんとなく、ちょっとその続き?みたいな記事を書いてみようと…。


まずは太陽について
太陽黒点は7月も8月も減少とはなっていません。
ずっと見てると、もしかすると言われてるみたいに?
もう一度、秋にピークが来るかも??
なんて思っています。

そういえば、7月の黒点数を載せてませんでしたね。

7月1日〜10日
102 101 94 109 113 115 112 143 98 76
7月11日〜20日
85 87 66 88 77 61 74 112 94 57
7月21日〜31日
49 53 84 65 71 58 64 68 97 105 94
NOAA Sunspot Number(太陽黒点数 27日周期と関連するデータ集)
NICT 宇宙天気情報センターより

前回の記事は2013年6月の太陽黒点数の推移とこれまで

太陽は今も4極体制に移行中だと思いますが、



ひので(SOLAR-B) 最新ニュースには、
2013年1月30日の記事、太陽観測衛星「ひので」 太陽極域磁場反転の進行を確認
までしかないので、よくわかりません。

こちらでは、第24太陽サイクルの極大期は、2013年秋で、
その時の平均相対黒点数は69と予想されています。
これは、過去100年で最低の極大期黒点数であり、
当面、太陽活動は低調に推移するものと思われます。
…とありました。

ちなみに、太陽の四極体制はプチ氷河期に見られた現象だそうで、
「地球が寒冷であったと言われるマウンダー極小期やダルトン極小期には、
太陽がこのような状況にあったと考えられており、今後の推移が注目されます。」
太陽観測衛星「ひので」、太陽極域磁場の反転を捉えた
国立天文台にあるので、

寒冷化になりつつあるかもしれませんが、
太陽しだいなので、なんとも。

さらに、こんな記述も。
太陽観測衛星「ひので」 太陽極域磁場反転の進行を確認
には、
「マウンダー極小などの極端な太陽活動の低下が今後発生する場合、
その兆候が1サイクル(〜11年前)近く前に
極域磁場に現れると予想され、
「ひので」は、今後も集中的な極域の観測を継続して実施する予定です。」
…とあるので、プチ氷河期や地球寒冷化は11年後の可能性も??


気になった記事
猛暑やゲリラ豪雨は氷河期の前兆 異常気象「日常化時代」到来 ZAKZAK

北極、南極などの極地で調査研究を行ってきた
広島大の長沼毅准教授(生物海洋学)は
「気候システムが大きく変わりつつある。
地球は10万年間の氷河期と、1万年間の温暖な間氷期を繰り返している。
今はまさにその気候システムが大転換する
過渡期にさしかかっている可能性がある」と指摘する。

…そのため、猛暑やゲリラ豪雨になっているそうで、
今は間氷期(かんひょうき)なので、
氷河期に移り変わる過渡期というイメージかもしれません。

そういえば、もう少し前にこんな記事がありました。
北半球、数年後に寒冷化? 海洋機構が海水温から解析 朝日新聞 2013年6月29日

北大西洋を中心に、
約70年周期で寒冷化と温暖化が繰り返される傾向がある。
北半球は1940〜70年代にかけて寒冷化し、
80年代以降は温暖化している。
(中略)
現在の温暖化は1979年にグリーンランド海の水温が
2度上昇したことがきっかけで始まったとみられ、
2015年前後には寒冷化が起こる可能性があるという。

というもの。
70年周期説ってご存知でしょうか?
という記事にも書いてましたね。

グリーランド海の水温の変化が70年周期になっていて、
2015年前後には寒冷化に向かう可能性が…ということでした。


猛暑が続き、地球温暖化がこのまま進めば…と思いがちですが、
地球温暖化が減速してきている?これまでの予想は是正されていくかも
に書きましたが、実際には2000年以降、伸びが減速して来てるんですよね。


世界の年平均気温の偏差の経年変化 / S-kei 地球温暖化 - Wikipediaより

こんなに暑いのに???40度を超えた日が4日も続いたのに???

っと思ってしまいますが、寒暖の差がひどくなってるんですよ。
つい忘れてしまいますが、実はずっと厳冬なんですよね。冬が。
寒い日が続いていますが、東・北日本は積雪も!今年も寒春になる??

実は春と秋がなくなってきている??のかもしれません。
豪雪で言えば、3年連続です。

平成23年豪雪 - Wikipedia
平成24年豪雪 - Wikipedia
平成25年豪雪 - Wikipedia
※ちなみに平成23年は2010年〜2011年、平成24年は2011年〜2012年、
 平成25年は2012年〜2013年の冬を指してます。


こ、こんなに暑いのに、冬はまた厳冬…と思うとぞっとしますが、
それが地球寒冷化に向かう過渡期なのかもしれませんね。

ただ、地球温暖化は問題ないとしても、
二酸化炭素問題はどうなるかわかりませんが…。
ハワイ マウナロア観測所での二酸化炭素の平均濃度が400ppm超に
こちらも、寒冷化したら
二酸化炭素の濃度が減ってくれたらいいんですがねぇ。


Iceberg trapped in sea ice / NASA Goddard Photo and Video
タグ:気象 太陽
posted by ポジタリアン イエロー at 10:25| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ