2013年08月22日

福島第一原発の汚染水問題 世の中の関心が薄れる中、とんでもない方向に進むかも…


sea-otter-mom-and-pup-4-16-07_3 / mikebaird


NAVERまとめにいろいろと原発問題を載せてきましたが、
率直な感想は、世の中の関心が薄れきっている…ような雰囲気。。

確かに、わかりにくい報道ばかりだし、
ずっと同じような話ばかりだし…

でも、そんな風潮とは相反して、とんでもない方向に進んできています。
それは、この先、当初思われていた最悪の事態へ、結局進んでいくのかも…
ということ。

海洋流出は計30兆ベクレル 事故時はどのくらいだった?【福島第一原発汚染水問題】 - NAVER まとめ

高濃度汚染水問題が一番問題視されていたのが2011年事故後の出来事。

福島第1原子力発電所2号機の取水口付近から
高濃度の放射能汚染水が海洋に流出。
その量は4700兆ベクレル(0.47京ベクレル)でした。
高濃度汚染水、海洋流出は4700兆ベクレル 福島2号機 日本経済新聞 2011年4月21日

実は、アメリカのARS社という会社の試算では1.5京ベクレルとも。


その当時の話で、
2号機の高濃度汚染水だけで330京ベクレルが存在。

その後、水ガラスによって流出は止められ、
2013年春まで汚染水の問題はあまり聞かれなくなりました。

とはいえ、当時言われていたのが、
急ごしらえの汚染水タンクが持つのが3年程度…という話。
いわゆる、2014年には大変なことになるのでは?というものでした。

しかし、3年を待たずして、
2013年春、地下貯水槽で漏出が発見されました。
今も続く汚染水!【福島第一原発の汚染水問題まとめ】 - NAVER まとめ

その後、似たり寄ったりのニュースがたくさんあって、
おそらくたくさんの人はうんざりされたでしょう。
慣れって恐ろしいものです。

その後に大きく流れが変わるのが2013年6月〜7月。
地下水から高濃度の汚染水が井戸などから発見されるんですね。
1リットル当たり23億5千万ベクレルのセシウム検出【福島第一原発のトレンチ】 - NAVER まとめ

そこで、また登場したのが水ガラスによる遮水壁。
でも、横やら上やら、遮水壁自体からも汚染水が漏れ出す事態。
福島第一原発 地表近くに遮断壁が作れない?そんな対策…。しかも2年超放置!?汚染水流出問題 - NAVER まとめ

挙句の果てに、2013年8月、
100ミリシーベルトの水たまりが出現し、
汚染水タンクから300トンもの高濃度汚染水が
長い期間の間漏れていたことが発覚。
福島第一原発 水たまりが100ミリシーベルト しかも300トン?? 汚染水問題2013春夏まとめ - NAVER まとめ


このように見てみると、手に負えていないのがわかります。

では、今後はどうなるんでしょうか。
それは流出をきちっと止めて、
どんなことがあっても海に流さない努力がなければ、始まりません。

なにせ、2号機だけで330京ベクレルが存在しているだから。


政府は、東電にだけ任せておくことはできないとして、
公金(税金)を投入して凍土遮水壁(400億円)を作るとありましたが、
これはそもそも東電が安く作れるようにと
福島第一原発を作った鹿島から提案された代物。

いわゆる、土中に凍結管といわれるものを
一定間隔で地面に埋めて、氷点下40度〜50度の冷却材を
循環させて土壌を凍らせるというもの。
【福島第一原発】廃炉工程表にある凍土遮水壁とは?【凍土壁・氷の壁】 - NAVER まとめ

水ガラス(樹脂)とどの程度の差があるんでしょう?
氷で流出が止められるんでしょうか?
ずっと凍らせておかなければいけない状況って成り立つんでしょうか?

政府が公金を投入する以上、
しっかりとしたコンクリート製の漏れない遮水壁を作るべきと思うのですが。

もし、そうならなければ、
このニュースは、同じようなことをずっと繰り返す…
そんな可能性もありそうです。
タグ:原発
posted by ポジタリアン イエロー at 13:25| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ