2013年09月11日

京都観光時の大震災?梅小路車庫で貴婦人解体??梨木神社境内にマンション???最近の京都の気になるニュース


清水寺-Kiyomizu-dera / INABA Tomoaki


もしも、京都観光の途中で大震災が起こったら…。
そんな場合に備える取り組みが始まっているニュース。
1.京都観光中に大震災が来たら…京都ならではの取り組み - NAVER まとめ

2013年3月、観光都市京都で、帰宅困難者対策が検討されることに。
もしもの震災が起こった場合、
決められた社寺などが一時滞留場所として、
観光客がまとめて集められることに。

そして、そのあと、帰宅困難者に
市が旅館など一時滞在施設の情報を提供する仕組みに。

市が帰宅困難者向けに用意する
アルファ化米やかゆなど備蓄品の配備や食事の提供も。

2014年3月までに
災害時行動周知用パンフレット作製や
道路への避難誘導標識の設置、
緊急時災害情報の提供体制構築などの対策が行われることに。

いつ、どんな災害があるか、わからないですしね。
観光時に大震災があったとしても、安心できる街づくりっていいですよね。


2.SLやまぐち号のC57型蒸気機関車が京都・梅小路車庫でボルト1本まで解体に【貴婦人】 - NAVER まとめ

小学生の時、写生大会で梅小路機関車館に行った思い出があります。
今も機関車館があるって実は忘れてました(笑)。

そんな梅小路機関車館のニュースで、
現在、SLやまぐち号として山口県を走っているC57貴婦人が
京都の梅小路車庫に帰ってきて、4年に1度の解体検査を受けることになった話。

解体検査と言っても、それなりにチェックされるだけかと思いきや、
約1万点にものぼる部品をボルトの1本まで解体されるんだそう。
だから、検査終了は来年2014年6月だとか。

蒸気機関車の整備は恐るべし。


3.えっ!京都御苑横の梨木神社境内にマンション建設?その理由とは… - NAVER まとめ

こちらはちょっと残念なお話。

京都御苑東隣の梨木神社さん。井戸の水でも有名ですよね。
老朽化した社殿などの改修費用の寄進が集まらず、
境内にマンション建設をすることに。

そのために、承認しなかった神社本庁からも離脱。

以前、書きました千本旧二条の出世稲荷さんは今。

出世稲荷さんも資金難で、
こちらは土地を売却して左京区に引っ越しされました。
千本旧二条に遷られたのが江戸時代初期の1663年。
350年弱の間、ずっと千本旧二条にいらしたんですが、
こちらも残念ながら…。

昨日、久々に前を通ると、大型トラックが出入りしていました。
たぶんマンションの建設をされてるのかなと。

土地を売って、引っ越しされた出世稲荷さん。
土地を売らずに境内にマンションを建てる梨木神社さん。

厳しいご時世なので、仕方ないのかもしれませんが、
京都人的には何とも残念なニュースです。


この画像は、2009年10月10日に撮影しました。
タグ:京都
posted by ポジタリアン イエロー at 15:32| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ