2013年10月23日

見ると幸せに!お月さんの虹、月虹(げっこう)ムーンボウ画像あれこれ

昨日のNHKのニュースに
珍しい「月の虹」撮影 三宅島 NHK 2013年10月22日
というものがありました。

昨日は確か、十七夜でした。
まだ満月に近いので光源がたくさんあったんでしょうね。

そこで気になり、いろいろと調べてみました。


Moonbow Over Jerome at Night 2 / squeaks2569

お月さんの虹はこんな夜空に浮かぶ虹

お月さんの虹は月虹(げっこう)と言うそうです。
月虹とは、夜間に月の光により生じる虹。
光が弱いために色彩が淡く、虹が七色ではなく白く見えることから、
白虹(はっこう)とも呼ばれる。
(参照)月虹 - Wikipedia

これを見た人は幸せになれる
ハワイ諸島のマウイ島では言われているそう。

余談ですが、「見た人は幸せになれる」気象と言えば、以前書いた
見ると幸せになるという太陽のグリーンフラッシュとは?
というのもありましたね。

この月虹、英語ではMoonbow(ムーンボウ)と言うそうです。

一般的には、お月さんの周りに出来る輪、月暈(つきがさ、げつうん)なら、
(太陽なら日暈(ひがさ、にちうん))
見たことある方も多いのでは?


22° halo 09-10-11 / Asrar Makrani


太陽の周りの輪だから、日輪、お月さんなら月輪かと思ってました。
グーグルの画像検索してもそんな画像が並んでいますが、
日輪や月輪の本当の意味は、太陽そのもの、月そのものだったようです。

日輪(にちりん)とは、太陽の異称。
にちりん【日輪】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

月輪(がちりん)とは、
《輪のように円いところから》月。がつりん。げつりん。
がちりん【月輪】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

正しくは、太陽の周りの輪っかは日暈(ひがさ、にちうん)
お月さんの場合は月暈(つきがさ、げつうん)。
(参照)暈 - Wikipedia

だから「お月さんが暈(かさ)かぶってる」って言ったりしますが、
その表現は正しいようです。


また、話は脱線してしまいましたが、
夜間の虹っていうのもいいですね。見にくそうですが、ムードがありそう。

では、画像をあれこれご紹介しましょう。


moonbow-starrynightphotos.com / Thoth, God of Knowledge

お星さまと一緒に観察出来たら最高ですね。


Night Rainbow/Moonbow, North Wales, UK / GanMed64

こちらはかなり明るい虹になったようですね。


Wallaman Falls by Thierry Legault / thebadastronomer

ミルキーウェイ(天の川)に目がいってしまい、
どこに虹があるの?って思いましたが、
滝のしぶきのところに虹がかかっています。
しかも流れ星まで。


Easter Island, Island Universe / thebadastronomer

イースター島って書かれていますね。
モアイ像のバックに月虹が。


A pic from a friend. A #moonbow #stunning #bestofinstagram #rainbow #beach #Ocean / Clexow

こんなシーンを見たら、ほんと、幸せになれそうですね。


滝の水飛沫による月虹 (ヴィクトリアの滝・ザンビア側) / CalvinBradshaw
タグ:気象
posted by ポジタリアン イエロー at 07:56| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ