2013年11月22日

南海地震(南海トラフ地震・東海東南海南海連動地震)は近い?いろんな気になる情報まとめ



1.東大名誉教授の村井俊治さん曰く12月〜3月が危険
最近、東大名誉教授の村井俊治(しゅんじ)さんのお話をよく見かけます。
特に最近、まぐまぐの有料メルマガで書かれたそうで、
週刊MEGA地震予測
私は購読しませんが、話題になっているようです。

もう少し以前から、いろんな話があり、
今年、M7以上の南海トラフ地震がくる可能性は高い!  - ハピズム 2013年9月2日
村井名誉教授によると、今年(2013年)1月から
四国周辺で警戒すべき移動幅を示す観測点が急増しているという。
愛媛県の宇和島から高知県室戸、和歌山県金屋まで、
南海トラフに並行して異常値が出ている。
東海・東南海では異常はないので、
いま騒がれている3連動地震にはならないが、
南海トラフを震源とする南海地震が起きる可能性があるという。

また、こんなことも書かれていました。
武蔵野学院大学の島村英紀特任教授によると、
歴史上知られている南海トラフ地震は13回起きており、
すべて8月〜2月に起きているという。
さらに13回中5回が12月に発生していた。

そして、最近の記事、
3・11東日本大震災の直前と同じ異変が 東大名誉教授・村井俊治が警告する 「南海トラフ巨大地震来年3月までに来る」現代ビジネス 2013年11月19日
東京大学名誉教授の村井俊治氏は、
初めは今年6月末、九州・四国・紀伊半島で異常変動がありました。
それが9月1〜6日に、日本全国が異常な変動を起こし、
私たちのシステムでは日本地図が真っ赤になったんです。
その次の週は逆に変動がなく、大変静かになったのですが、
東日本大震災の前には、
こうした変動と静謐期間が半年ほどの間に3回、繰り返されました。…

地震が本業ではない教授なんですが、GPSの情報から出されているそうです。
国土地理院の地殻変動データは私たちが見ても、
ふだんとあまり変わらなく見えますが↓

最新の地殻変動情報 国土地理院より
データでチェックされていると違うんでしょうね。


村井教授のお話をまとめると、
・地殻変動から南海地震は12月〜2014年3月に起こる可能性がある。

武蔵野学院大学の島村教授によると、
・歴史上知られている南海トラフ地震は13回中5回が12月に発生
・すべて8月〜2月に起きている


2.アレクセイ・リュブシンさんいわく2013年の後半(秋頃)から2014年春の初めにかけて
これまでにこのブログで書いた内容ですが、
最近の大地震予想をピックアップ
M9の南海トラフ地震が来る?ロシア地震学者が予測してるんでしたよね。

シュミット記念地球物理学研究所の研究員でロシア科学アカデミー会員の
アレクセイ・リュブシンさん。
南海トラフで2013年から2014年の間に巨大な地震が発生する可能性があるとか。
「2014年までにM9の南海トラフ地震がくる」 東北大震災を的中させたロシア地震学者が予測 - ハピズム 2013年05月07日

低周波微動(無感の低周波域の地面の振動)のデータによるものだそうで、
とくに2013年の後半(秋頃)から2014年春の初めにかけてと考えられるとか。



3.宏観現象 リュウグウノツカイが81匹も!逆に通常の魚は極端な不漁に!
そして、宏観現象にも多少いろんなことが起こってるんでした。

4回の漁で81匹も!リュウグウノツカイなどの深海魚が室戸岬沖で2013年7月、8月 気になる南海地震
リュウグウノツカイなどの深海魚は
通常、年に1回ぐらい、数匹かかる程度だそうですが、
室戸市の地元漁師さんの深さ約70mの定置網に
2013年7月8月の4回の漁で計81匹もかかったそうです。
「ギョギョ!」リュウグウノツカイ、サケガシラ 室戸沖で深海魚多数かかる 大地震の前触れ!? MSN産経west 2013年9月4日

火山・地震・量的緩和縮小時期に金融危機…気になる2013年10月以降
に書きましたが、
2012年の1割〜2割程度と深刻な不漁に。
黒潮の離岸傾向が原因とされているそうですが、気になります。
7月以降、極端な不漁 アジ、サバ、スルメイカ - AGARA紀伊民報 2013年09月07日


たしかに、深海で地殻変動が起こっているのかもしれませんね。


4.南海地震と内陸型地震のサイクル
慶長伊予地震に慶長豊後地震、そして慶長伏見地震。
では、近畿地方の地震の年表を作っていました。

1605年 慶長地震(南海トラフ連動型地震説など諸説あり) M 7.9〜8

1614年11月26日 高田領大地震 M 7.7

この間、近畿地方は大きな地震なし

1649年 安芸・伊予で地震
1662年 寛文近江・若狭地震(寛文地震)
 (畿内・丹後・東海西部地震、寛文の琵琶湖西岸地震、近江・山城地震)
 M 7〜7.6、死者数千人。
1671年 紀伊水道沖で地震 M 7.3
1686年 安芸・伊予で地震 M 7.0〜7.4
1686年 遠江・三河地震 M 6.5〜7

1707年 宝永地震(東海・東南海・南海連動型地震)M 8.4〜8.7

1715年 大垣・名古屋・福井で地震 M 6.5〜7.0

この間、近畿地方は大きな地震なし

1789年 阿波で地震 M 7.0
1819年 伊勢・美濃・近江地震 M 7.3
1830年 京都地震(亀岡) M 6.4
1854年 伊賀上野地震(伊賀・伊勢・大和地震) M 7.3

1854年 安政南海地震 M 8.4

この間、近畿地方は大きな地震なし

1899年 有馬鳴動(有馬温泉を中心とした六甲山周辺で続いた群発地震)

1916年 明石付近で地震 M6.1
1925年 北但馬地震 Mj 6.8
1927年 北丹後地震 Mj 7.3
1943年 鳥取地震 Mj 7.2
1945年 三河地震 M6.8

1946年 南海地震(昭和南海地震)Mj 8.0

1948年 和歌山県南方沖で地震 Mj 7.0
    紀伊水道で地震 Mj 6.7
    福井地震 Mj 7.1
1955年 徳島県南部で地震 Mj 6.4

この間、近畿地方は大きな地震なし

1994年 兵庫県川辺郡猪名川町の群発地震
1995年 兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)Mj 7.3
2000年 鳥取県西部地震 Mj 7.3
2004年 紀伊半島南東沖地震 Mj 7.4

2013年 淡路島地震 M6.3

…というサイクルに。

私的には、内陸の地震のほうが気になっていますが、
南海トラフ地震が起こる可能性というのも考えておいたほうが良さそうですね。


5.フィリピン海プレートが日本を刺激している?
今年2013年は1月から気になる出来事が多くありました。


地殻を構成するプレート群/USGS, Washiucho より日本付近抜粋

主に火山関係なんですが、
火山性の地震が多発している?箱根の最近の地震活動
1月15日から2月14日の1か月間に起きた地震総数は1300回以上

山梨県の富士五湖のひとつ、河口湖の水位が大幅低下し六角堂まで陸続きに。
2013年3月のニュースでした。

淡路島で震度6弱の地震 緊急地震速報で目が覚めました。。
平成25年04月13日05時33分頃 震源地は淡路島付近
震源の深さは約10km マグニチュードは6.0 最大震度6弱

三宅島で地震が続いていますが、火山活動の活発化を示すものではないと気象庁
2013年4月17日、今度は三宅島で群発地震があったんですよね。
三宅島近海で地震 震度5強 M6.2 と気になること

ちょっと期間が開いて…

最近の桜島は…昨日で今年699回目の噴火を観測。今まではどれくらい噴火している?
昨日10月5日の午後11時に今年699回目の噴火を観測
※ちなみに11月20日現在797回でしたNHK 鹿児島放送局 桜島噴火情報

そして、小笠原諸島の西之島付近で噴火があったそうです
小笠原諸島の父島から西に200キロほどのところにある火山の島、
「西之島」の南東500メートル付近で、
新たな陸地とそこから黒い噴煙が上がり噴火しているのを、
(2013年11月)20日、海上保安庁などが確認


ちょっと期間が開いているんですが、
前回の1月〜5月ごろというのは、
太陽の黒点数が増えていっている時期で5月に最大212を記録していました。
その後、落ち着いていったのですが、
10月ごろから黒点数が増えだし、11月には最大282を記録したり。
太陽黒点数は乱高下中!?17日の282から19日は113へ
大雑把には太陽の黒点数と
こうした火山や地震の活動と関係がありそうに思うんですが。

今、太陽が活発化してるのも気になってるんですよね。
今年5月には予想されていたアウターライズ地震は、10月にありました。
予想されていたアウターライズ地震だったようです。福島沖のM7.1の地震
こういう被害のない地震や被害の少ない地震で終わることを願ってやみませんね。


何にしても、準備しておくに越したことはないのだと思います。
しかし!いっぱい買い置きしていたシーチキン…、
あんなことが起こって、買いにくいじゃないですか――――。
はごろもフーズのシーチキン回収672万缶。対象商品画像一覧とヒスタミンって? - NAVER まとめ
買い置きしてある食べ物も徐々に消費期限が来るし…。

※すみません。とりとめのない長い記事になってしまい。。
タグ:地震の雑学
posted by ポジタリアン イエロー at 11:53| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ