2014年02月07日

90万ベクレル→実は500万ベクレル!?福島第一原発、東京電力

以前にもまともに計測していなかったニュースが流れていましたが、
今回はもっとすごい内容でした。

再計測で500万ベクレル検出 福島第一観測井戸 朝日新聞 2014年2月6日
東電によると、500万ベクレルが観測されたのは、
2号機のタービン建屋海側の取水口近くの観測井戸。
昨年7月5日に採取した地下水について、
東電は当初、ストロンチウムを含むベータ線を出す
放射性物質全体の値を同90万ベクレルと発表していた。
東電によると、今回新たに計測した値からみて、
ベータ線を出す放射性物質全体の濃度は1千万ベクレル前後になる。

…だそうです。しかも…

ストロンチウムの値が
ベータ線を出す放射性物質全体の値より高く出て矛盾が生じたため、
東電は昨年6〜11月に採取した海水や地下水など
約140件分の値を公表せず、計測もやめていた。

…言い訳は要らないですね。


2013年7月5日計測 90万ベクレル → 500万ベクレル
同じ取水口付近の井戸 今なら 1,000万ベクレル前後
約140件分の値を公表せず、計測自体もやめた

去年2013年6月〜といえば、
2013年春 地下貯水槽で汚染水漏れ表面化 → 地上タンクへ移送
その後も汚染水漏れ問題は発生します。(2013年6月〜7月)

2013年7月 水ガラスによる遮水壁を作ったが…
そして8月、100ミリシーベルトの水たまりが出現
福島第一原発 水たまりが100ミリシーベルト しかも300トン?? 汚染水問題2013春夏まとめ - NAVER まとめ

地下貯水槽のタンクで汚染水漏れが表面化したのが4月ごろ、
その後6月10日にすべて地上タンクへ移送したんですよね。
これで話は終わるはずだったころ。

実はもっととんでもないことが起こっていたのを、
調べず?無視して??たんですよね。

いったい何を信じたらいいのか、わからないレベル。
そんな東京電力、4月〜12月期決算の純利益が7,728億円だったんですよね。

東電、値上げで黒字に 営業益2313億円 4〜12月期決算 東京新聞 2014年2月1日

営業利益 2,313億円

特別損失(5,6号機廃炉に伴う発電機などの廃棄損)398億円
特別利益(賠償資金として原子力損害賠償支援機構から交付されたお金)

純損益 7,728億円

…となっていました。

賠償資金として原子力損害賠償支援機構から交付された金額は
載ってなかったのですが、なぜ、この賠償資金が特別利益に計上されて、
利益処分で株主に配当され、役員報酬になるのか理解不能です。

賠償資金として交付されたなら、
賠償資金として使うモノのはずじゃないんでしょうか。

原子力損害賠償支援機構のお金は、
原子力損害賠償支援機構 - Wikipediaによると
2014年1月22日現在、
東京電力への資金援助の総額は4兆5882億円
(資金の交付: 3兆5882億円、株式の引受け: 1兆円)である。
大部分は、国から交付を受けた交付国債(累計5兆円)の償還、
市中からの政府保証付きの借り入れ、
政府保証債券の発行により調達されている。

…国が借金をして東電の利益を作ってあげている、
 東電の株主に配当される、役員報酬にしてあげている ということでしょうか。
 この国の借金は、将来どうなるんでしょうか。税金で処理される?

原発事故で困られてる方への賠償資金として使われるならともかく、
特別利益に計上されて、利益処分されるのは。。。


原発の話題からは離れちゃいますが、昨今のニュースを見てると、
ウソや捏造が普通のようになりつつあるようで怖いです。

現代のベートーベンと呼ばれた佐村河内守(さむらごうち・まもる)さん。
18年間違う方に作曲してもらってた上に、実は耳が聞こえてたそうでしたね。
ソチオリンピックのスケートで高橋選手が使う曲もこの人の。うーん。。

ゴーストライターさんに渡していた指示書の画像も見ましたが、
【画像】楽譜が全く読めない佐村河内氏がゴーストライターに渡してた指示書が興味深い件
およそ音楽が出来る人ではなかったような気がします。
NHKスペシャルでも取り上げられた人らしいですが、
お話を突き詰めれば(音楽理論で)おかしいな?って思うこともあったでしょうに。

かつての「神の手」の藤村新一さん(考古学者)を思い出しちゃいましたよ。
(参照)藤村新一 - Wikipedia


昨今のホテルの食材偽装もあまりにひどいものでしたが、
阪急阪神ホテルズから始まった食品偽装問題。底なし沼状態に… - NAVER まとめ
嘘をつくというのが一般化しつつあるような怖さを感じますね。


さらにビックリしたニュースが
億ションに欠陥、販売中止 迷惑料支払い20数億円に 朝日新聞 2014年2月6日
東京・南青山に完成間近の高級マンションで深刻な施工ミスが見つかり、
販売が中止になる異例の事態になっている。
改修には1年以上かかるため、売り主の三菱地所レジデンスは
買い主83世帯と契約解除の協議を始め、二十数億円の迷惑料を支払う方針

…というもの。

昨年12月、インターネットに施工ミスを告発する書き込みがあり、
それを見た契約者の問い合わせで発覚した。

…ということで、会社側から発表というよりも、
ネットで広まって発覚したんですよね。

隠すつもりがあったか知りませんが、かつて、一級建築士の耐震偽装事件では、
武部勤さん(当時政府自民幹事長)
「悪者探しに終始すると、マンション業界つぶれますよ、ばたばたと。
不動産業界も参ってきますよ。
景気がこれでおかしくなるほどの大きな問題です」なんていうのもありましたが。
悪者探しは景気悪化招く/耐震偽造問題で武部氏 四国新聞社 2005年11月26日


記者会見でも矛盾はいくらでもあったでしょうに。
真実を追求する姿勢がマスコミに足らない部分もあるような。
また、嘘や偽りに寛大な国民性にも問題があるような。
優しいだけでは、「騙されるよりだます奴が悪い」といっても、
騙され続けてたら…。これじゃ騙し得かも。

日本の行く末を案じるばかりです。
posted by ポジタリアン イエロー at 08:07| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ