2014年03月31日

イエローストーンは少し群発地震になっていたようです。


Yellowstone National Park Morning Glory / Redeo


昨日書いた記事、
アメリカで地震が続いているようです。気になるイエローストーンの地震
の続きです。

2014年3月30日日本時間21時34分 深さ6.8q M4.8

の地震については書きましたが、
30日間でイエローストーンの地震を見ると↓


アメリカ地質調査所
※クリックして頂くと大きな画像が開きます

列挙すると(時間は日本時間)
2014年3月2日 3時44分 深さ10.2q M2.9

2014年3月27日 4時14分 深さ6.4q M3.0
2014年3月27日 8時59分 深さ4.5q M3.5

2014年3月30日 15時23分 深さ1.5q M2.8
2014年3月30日 19時36分 深さ1.6q M3.0
2014年3月30日 21時34分 深さ6.8q M4.8
2014年3月30日 22時30分 深さ4.5q M3.1
2014年3月30日 22時56分 深さ7.7q M2.5
2014年3月31日 00時07分 深さ6.6q M3.1
2014年3月31日 00時12分 深さ6.0q M3.3

…となっていました。
今、日本時間は朝6時台なので、
この0時台を最後に地震は止まっているようでしたが、
このまま収まってほしいですね。


昨日の記事にも書きましたがイエローストーンといえば、破局噴火の火山地帯。

地下のマグマだまりには、
イエローストーン国立公園全体の面積(8,980平方km)に等しい
途方もない大きさだそうで、
イエローストーン国立公園 - Wikipediaによれば、
イギリスの科学者によるシミュレーションでは、
もし破局噴火が起きた場合、
3〜4日内に大量の火山灰がヨーロッパ大陸に着き、
米国の75%の土地の環境が変わり、
火山から半径1000km以内に住む90%の人が火山灰で窒息死し、
地球の年平均気温は10度下がり、
その寒冷気候は6年から10年間続くとされている
…とご紹介しましたね。

さらにこんな記事が。
人類の破滅を招いた米イエローストーン火山、眠りから覚める ロシアの声 2014年3月27日
そのイエローストーンが長い眠りから覚め始めた。
当初、火山活動の再開は2075年頃になると予想されていたが、
2003年イエローストーン国立公園では
噴火が予定より50年は早まる兆しが確認されている。
…というもの。

このニュースの冒頭には、
7万3000年前に大噴火をおこし、
地球上の人口が1万5000人足らずとなった
…とあるんですが、これはおそらく勘違いで、
イエローストーンは
かつて約64万年前、約130万年前、約210万年前に噴火。
また、7万年前の噴火で人口が約1万人くらいになったのは、
トバ事変と呼ばれるもの。
世界人口は約70億人。でも7万5千年前は1万人以下!?
に書きましたね。

なので、トバ事変とイエローストーンがごっちゃになった記事なので、
気にしてなかったのですが、たまたま、群発地震が起こって気になる存在に。

ニュース記事の続きには、
イエローストーンから流れ出た溶岩は世界全体に流れ出し、
破壊力の強い津波が発生するほか、
大気圏に放出された何百万トンもの火山灰で太陽光線がさえぎられてしまう。
この結果、緯度50度までが南極圏と化してしまう。
噴火後、数ヶ月で地球上の3分の1の人口が死に絶え、
唯一生き残るのはユーラシア大陸の中央部だけとなる。
…とされていました。

ロシアの記事なんでね、生き残れるのはロシアだけとされているようです。


Yellowstone Study / Kamal H.


ただ、トバ事変について書いた
世界人口は約70億人。でも7万5千年前は1万人以下!?
の記事には、こんなことを書いていました。
トバ湖 - Wikipediaによると、
最新の噴火が74000年前に起き、マグマ量2800km3に達する超巨大噴火。
その結果、地盤沈下が起こってカルデラ湖に。

イエローストーンは上に書きましたが、
地下のマグマだまりには、
イエローストーン国立公園全体の面積(8,980平方km)に等しい
…だそうです。


さらに気になったのがこんな記事。
生き残ってるのが不思議。地球滅亡の脅威10 ギズモード・ジャパン 2014年3月29日
第9位 イエローストーン国定公園のスーパーボルケーノ噴火
ここの超巨大マグマ溜まりは、
いつ噴火してもおかしくない状態。

破局噴火するとアメリカは終了、地球全体が有毒ガスで覆われます。
BBCドキュフィクション『Supervolcano』の世界。
…だそうです。


先のロシアの記事では、
火山活動の再開が2075年ごろと予想されていたのが、
2003年の噴火の兆しで50年早まったそうですが、
50年早まっても2025年。まだまだずっと眠りについていてほしいですね。

地底に眠る超巨大火山「スーパーボルケーノ」、地球を脅かす可能性 CNN.co.jp  2012年8月31日
によると、
1.2004年に地面が隆起しはじめる
2.2010年にふたたび沈む
…ということがあったようです。

今回の群発地震が何を示すかわかりませんが、
とにかく、平穏な日々が続くことを願うばかりですね。


Yellowstone Geyser Fall Snow / fortherock
タグ:海外地震
posted by ポジタリアン イエロー at 07:14| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ