2014年05月03日

気になる岐阜県飛騨地方の群発地震。これまでにはどんな群発地震があったの?


気象庁 地震情報より
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

それにしても、なかなか終わりませんねぇ。
2014年5月3日10時2分から始まった岐阜県飛騨地方の群発地震。
午後3時半までに、震度1以上が23回も起こっています。
うち、震度3が6回、震度2が6回、震度1が11回。

その後、長野県中部に地震が移っていますが、ほとんど場所は同じです↓


気象庁 地震情報より
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

上が
2014年5月3日10時02分 岐阜県飛騨地方 ごく浅い M4.3 震度3
下が
2014年5月3日15時32分 長野県中部 ごく浅い M4.5 震度3

…県が違うため、違う地域と思いがちですが、関連の群発地震だと思います。

さて、この群発地震について、気象庁は、
「高山市と長野県にまたがる焼岳の火山活動との関係はないとみられる。」
…としているそうです。
岐阜・奥飛騨で震度3相次ぐ 「火山活動と関係なし」 京都新聞 2014年5月3日


前の記事、
岐阜県飛騨地方で地震が群発しているようです。
に書きましたが、前回20回以上の群発地震があったのは、
2011年2月27日の24回。その12日後に東日本大震災があったんですよね。

とはいえ、群発地震があったからと言って、
大地震があるわけじゃなく、
この岐阜県飛騨地方でも1998年8月7日から群発地震が始まったそうです。
そのときは、9月19日以降、おおよそ静穏化していったとか。
飛騨山地の群発地震活動(名大理) 地震予知連絡会 会報 第61巻 (PDF)


去年も他の場所ですが群発地震がありましたね。
このブログで書いた記事を探してみると…
去年2013年4月に三宅島と石垣島であったんですよね。
両方とも2013年4月17日のことでした。
三宅島で地震が続いていますが、火山活動の活発化を示すものではないと気象庁
今度は石垣島北西沖や与那国島近海でM4クラス〜M5クラスが。

そして、その後、同じ日にちょっと大きめの地震がありました。
三宅島近海で地震 震度5強 M6.2 と気になること
三宅島は群発地震の後にM6.2 震度5強の地震があったんですね。
さらに、場所は無関係に思える宮城でも。
西日本とか東日本とか関係なく揺れやすくなってるのかもしれません。宮城県沖M5.8 震度5弱
ちょっとびっくりな日でした。


群発地震と言えば、
「世界的にも稀な長期間にわたる群発地震」
なんていう表現がされる松代群発地震と言うのが昔あったそうです。
松代群発地震 - Wikipedia
松代群発地震(まつしろぐんぱつじしん)は、
長野県埴科郡松代町(現長野市)付近で
1965年(昭和40年)8月3日から約5年半もの間続いた群発地震。


グーグルマップより

震源地は皆神山付近。総地震数は71万1341回。
このうち、有感地震は6万2826回(震度5: 9回、震度4: 48回、
震度3: 413回、震度2: 4596回、震度1: 5万6253回)を数えた。
…そうです。

約5年半も群発地震が続くって、本当に怖いですよね。
そのため、住民の中にはノイローゼを訴える方もいらしたとか。

でも、このあと、これが前震となる大きな地震はなかったようです。


私は京都にいるので、やっぱり群発地震と言えば、
阪神大震災前の猪名川町の群発地震。
1994年11月〜12月ごろに、頻繁にテレビのテロップに震度1とか震度3とか出てました。
その後、1995年1月17日に阪神大震災があったんですよね。

兵庫県南部地震 - Wikipediaによると、
1994年11月9日以降、有感の微震が断続的に発生したそうです。

いまさらですが詳しく見ると…
猪名川群発地震
1994年11月9日以降、有感の微震が断続的に発生した。
一連の活動が、前兆であった可能性が高い。

前震
本震前日の1月16日の18時28分、
明石海峡付近を震源とするM3.3の地震が発生し
神戸で震度1の微震を観測したのを始まりに16日中に
計4回の小さな地震(M3〜1.5)が観測された。
これは大方のところ、翌日の大地震の前震だったと見られている。
しかし当時も含め現在、前震から大地震の発生を予測するのは困難であるとされる。
…と兵庫県南部地震 - Wikipediaにありました。
ご存知、本震は1995年1月17日午前5時46分 震央は兵庫県北淡町 M7.3

群発地震 - Wikipediaには、
この猪名川町の群発地震が載ってなかったのですが、
猪名川町の群発地震の例もあり、
昨年の三宅島の群発地震後のM6.2 震度5強の地震もあり、
さらには同じく去年の三宅島・石垣島の群発地震後に
なぜか遠い宮城県沖での地震 宮城県沖M5.8 震度5弱も同じ日にあり、
当面は要注意なんじゃないでしょうか。

意識の片隅に、
地震が起こった場合の対処方法を脳裏に呼び戻しておいたほうが良さそうです。

※今、気象庁 地震情報を見ると、
今度は長野県中部で群発地震が続いているようです。

午後3時27分から始まり、午後4時30分までで、
震度3が2回、震度1が3回の計5回続いているようです。


追記:一番上の地震一覧の続きです。


気象庁 地震情報より
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

2014年5月3日10時2分から始まった群発地震は、
夜8時までで、
岐阜県飛騨地方が25回、
長野県中部が7回、合計32回あったようです。

ちなみにこの群発地震のせいか、富士山がちょっと活発化しているように見えます。

火山活動連続観測網 VIVA ver.2

さらに、2014年5月3日19時58分 硫黄島近海 深さ10q M5.9 震度2
の地震がありました。
タグ:地震の情報
posted by ポジタリアン イエロー at 16:40| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ