2014年06月08日

弧状列島の成り立ちを考えると、やっぱり地震大国に思える…。

日本列島の成り立ち、弧状列島がなぜできたのかを調べてみた(その1)
日本列島の成り立ち、弧状列島がなぜできたのかを調べてみた(その2)の続きです。


日本海の拡大時期に形成されたハーフグラーベンを埋め尽くす厚い堆積層の分布と引き続く伊豆−小笠原弧と本州中央部との衝突 / 産総研:首都圏における長周期地震動増幅の可能性

この観音開きモデル説が正しいとすれば、
正直なことをいうと、文系の私には、ややこしい仮説よりも、
日本列島の成り立ち、弧状列島がなぜできたのかを調べてみた(その1)
で書いた通り、
東日本大震災での結果として、超巨大地震が起こると海溝側へ引っ張られる、
という度重なる超巨大地震の結果、日本列島が弧状列島になった気がしてなりません。

なにより、日本海溝に南海トラフがあるのですから、
超巨大な南海トラフ地震などで南西日本が南東へ引っ張られ、
超巨大な東日本大震災などで東北日本が東へ引っ張られ…。
…そんなふうにして、日本列島が作り上げられた気がしてなりません。


しかも、過去の海溝型地震の震源を見てみると…。


すべてウィキペディアの地震のページより

安政の東海地震、南海地震を除き、宝永地震は紀伊半島先端沖、
昭和東南海地震は紀伊半島東南沖、昭和南海地震は紀伊半島先端沖、
東日本大震災の東北地方太平洋沖地震は牡鹿半島の東南東沖。

地震が起こりやすい海溝に近いところほど、
超巨大地震後に引っ張られて、出っ張ったり、せり出したりしたのかも!?
そんなふうにも思えなくもないのかなと。


そう思うと、せり出した関東地方は、
今現在、固着していると勝手に私が思っているトリプルジャンクション
(房総半島沖の太平洋プレート、フィリピン海プレート、北米プレートの境界)
でも、超巨大地震が起こってきたのかも…なんて思ったり。
この場所は相模トラフと日本海溝がぶつかる場所ですが、
密かに海溝と日本列島とが近い場所にも思えます。


関東大震災と東日本大震災から地下の状況を想像してみた

もちろん、銚子半島は利根川による三角州だったりして、
地震と半島が関係ない場合も多いと思いますが…。


阪神大震災でのお話では、六甲山はずっと隆起していますが、
ゆっくり隆起するのではなく、地震のつど、1mとか隆起してあの高さになったとか。
その地震と言うのが阪神大震災規模の地震で、すでに1000回ほどあって、
六甲山はあの高さになったとかが分かったらしいですが、
阪神大震災で高くなった六甲山!?100万年前から隆起してあの高さに! - NAVER まとめ

逆に湾の中央の延長線上は海溝型の地震がないのか、わかりませんが、
地表にある島の形で尖がった部分と
海溝(6000mより深い)やトラフ(6000mより浅い)の形をみると、
地形にあった形というよりも、
出っ張った部分に海溝が近づいているように見える部分もある気がします。
例えば高知の室戸岬とその沖の南海トラフ。


グーグルマップより
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

気のせいと言われれば、そうかもしれませんが。。

私には、残念ながら巨大地震が日本列島を作った気がしてなりません。
posted by ポジタリアン イエロー at 09:41| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ