2014年06月16日

2014年6月16日明け方前に茨城県沖、福島県沖で相次いでM5クラスの地震が。

昨日2014年6月8日から東北地方では太平洋プレートのもぐり込み先の地震が3回起こっているようです。追記:京都の震度0の地震も

2014年6月15日に岩手県内陸南部でM5.5震度4の地震があったようです
に引き続き、
最近、また活発になってきてる気がしますよね。。


アメリカ地質調査所
※クリックして頂くと拡大した画像が開きます

気象庁によると、
2014年6月16日03時19分 茨城県沖 深さ10q M5.6 震度3
2014年6月16日05時14分 福島県沖 深さ50q M5.8 震度4

気象庁 地震情報

先月2014年5月の岐阜県飛騨地方の群発地震が
今もずっと関係しているかどうかわかりませんが、
2014年6月に入ってから東北地方はちょっと大きめの地震が続いています。

2014年6月8日14時24分 岩手県沿岸南部 深さ70q M5.2 震度4
2014年6月9日6時10分 宮城県沖 深さ80q M4.6 震度4
2014年6月9日7時51分 青森県東方沖 深さ80q M4.5 震度3
昨日2014年6月8日から東北地方では太平洋プレートのもぐり込み先の地震が3回起こっているようです。追記:京都の震度0の地震も
…この3つの地震は太平洋プレートのもぐり込み先で
 3つとも東西圧縮による逆断層型。

2014年6月15日02時31分 岩手県内陸南部 深さ90q M5.5 震度4
2014年6月15日に岩手県内陸南部でM5.5震度4の地震があったようです
…深さは90qと深いのですが、
 北米プレート内か太平洋プレート内かちょっとわかりません。
 東西伸長による正断層型(正断層型なので北米プレートな気がしますが)
※東北の地表になる北米プレートは
 東日本大震災後、今も東へビューンと伸び続けている地殻変動。
 もぐり込んでいる太平洋プレートはいつも通り、
 西へ地球内部へと押し込んでいく地殻変動。


今回の地震はというと…。
2014年6月16日03時19分 茨城県沖 深さ10q M5.6 震度3

独立行政法人防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網 AQUAシステム メカニズム解カタログ
…東西伸長の正断層型のようです。

2014年6月16日05時14分 福島県沖 深さ50q M5.8 震度4

独立行政法人防災科学技術研究所 Hi-net 高感度地震観測網 AQUAシステム メカニズム解カタログ
…東西圧縮の逆断層型のようです。

同じタイプの地震じゃなかったようですね。
茨城県沖は浅い10qの地震で北米プレートが東へビューンと伸び続けてる最中の
東西伸長の正断層型地震のようで、
福島県沖の地震は深さ50qと西へと沈み込む太平洋プレート内の
東西圧縮の逆断層型地震だったようです。

※正断層型と逆断層型の違い

気象庁 地震・津波 発震機構 発震機構解と断層面


茨城における地震について 水戸地方気象台

上の画像は
茨城県沖の太平洋プレートとフィリピン海プレートの
沈み込む深さを示したもののようですが、
それをみても、
茨城県北部の沿岸部部分の太平洋プレートは深さ50q〜60qとわかりますね。


6月8日に太平洋プレート内の地震が岩手、宮城、青森と3回続きましたが、
それ以降、少し不安定になっているのかもしれませんね。

大きな地震、被害地震がないことを願うばかりです。
タグ:国内地震
posted by ポジタリアン イエロー at 08:58| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ