2015年07月30日

不正は法律では防げない。三権分立でも。唯一、機能するのは内部牽制の考え方のみ

集団的自衛権行使は違憲。
そういうふうに言う憲法学者が大多数を占めてますね。

また、法的安定性は不要。
という礒崎陽輔内閣補佐官がいましたが、
法的安定性とは、会計の世界では継続性の原則そのもの。
継続的に同じ基準を用いなければ、恣意的に不正が出来ますよね。
法的安定性も同じで、立法趣旨や解釈を勝手に替えたら、
法律の解釈に混乱をきたし、ひいては法律の存在意義もなくなります。

法的安定性を否定することは法律の存在意義を否定するに同じこと。

集団的自衛権行使が違憲なのは、いうまでもなく、
この法的安定性から鑑みてもわかる話。
長年、政府が継承してきた(特に自民党)解釈を解釈だけ替えるということは、
過去に積み重ねてきた論理性からして違憲になりますよね。
違憲になるから、解釈変更がなかった。
そのために憲法を改正しようと企ててきたはずだったんですね。

憲法改正できない → 解釈だけ変更でごまかせ → 環境が変わったでごまかせ
→ 法的安定性なんて必要ない


実際、環境が変わったというのも詭弁そのものですよね。
米ソ冷戦時代、一触即発で核戦争になりかけたり(キューバ危機)しましたが、
環境なんてこのときが一番ひどいんじゃないですか?
ベトナム戦争時代、日本が自衛隊を派遣しなかったのも、このため。

今回は、この集団的自衛権の話を書くつもりじゃないので、このあたりで。


言いたいのは、法律では不正は防げないということなんですね。

憲法が政府を縛る。といっても、守らない政府でないがしろにされれば終わり。
まして、法的安定性も関係ないということなので、役に立ちません。
立憲主義や法治国家ってむなしいですよね。

でも、現実にその姿を私たちは見ています。

じゃあ、三権分立ならいいんじゃないか?
でも機能してませんよね。特に日本の場合は。



これら、法律と三権分立と内部牽制を一企業で考えてみましょう。

1.企業内にルールを作った場合
ルールは「会社のお金を盗んではいけません」

この場合、守る人もいるでしょうけど、
「ばれなければ盗んでやろう」という人も出てきます。
帳簿をごまかして、お金を盗んでも、ルールしかないので、盗めます。

実は、一方的なルールは破りやすく、破られやすいんですね。
さらに言えば、ルールを破りたい人の心もくすぐります。
言われれば言われるほど、反対のことがしたくなる習性ですね。

ルールを作ったことによって、
・ばれなければ盗みたい人と
・ルールを破りたいと考える人
…の両方によって、ルールはつぶされていきます。

さらに、一方的に作られたルールは、勝手な解釈でつぶそうともします。
「これは会社の金じゃなく、引き出しの金だ。」屁理屈も出てきます。


2.三権分立の場合
企業も三権分立ですね。代表取締役、取締役会、監査役。
この3つの組織がそれぞれ監視する。

これで不正はできないものでしょうか。
企業の不正は枚挙にいとまがないですね。
なぜ?

それは、3つの組織がそれぞれを監視しても、
みんな同じメンツだと、なあなあになってしまうからですよね。
和をもって貴しとする。なんて言われたり。。
赤信号、みんなで渡れば怖くないとも言われたり。。
悪びれる人がもてはやされる国なので、いとも簡単に不正出来ます。


3.内部牽制の場合
会社のお金を盗めないように、
帳簿のチェックと現金のチェックを毎日行うとします。
それらは、ランダムに人が選ばれ、精査することになります。


帳簿をごまかしても、だれがチェックするかわからない帳簿。
ごまかせません。結託もできません。
現金を即座に盗んでも、だれがチェックするかわからない現金。
まして、どこに誰がいたかをチェックされれば、
盗んだりすると、その日のうちにばれちゃいますね。
結託することもできません。

これが内部牽制(ないぶけんせい)で、企業では当たり前のシステムですが、
こうなると、「盗んでみよう」とどれほど考えても、
「盗んだら絶対ばれる」となり、「盗むことはできません」。

「盗んだら絶対ばれる」という気持ちにさせることが、
不正をあらかじめさせない一番の方法なんですね。


ルールを作っても、破りたくなる人、ごまかせると思う人には効きません。
三権分立にしても、結託すれば終わりです。
内部牽制の仕組みなら、どこでだれがチェックするかわからず、
「不正そのものが出来ないと思わせることができる」んですね。



不正のない社会。
それは、不正したくてもできない社会という大人な仕組みの社会なんです。

そしてそれを使った政府組織にしなければ、
戦前同様、今も同様、やりたい放題な国になってしまうということです。
もちろん、企業不正も結託し放題、NHKも結託し放題。

不正出来ない仕組みの社会が出来上がれば、
おそらく、今の時代は、その未来の時代の人から見れば、原始時代でしょう。


私が考える未来は、そうあってほしいとつくづく思います。
国民を騙し、偽り、搾取し、従わせる政府や企業体ではなく、
騙せない、偽れない、搾取できない上で自由な活動が出来る社会へ。

反原発、反貧困、反安保…とか一つずつで闘っても無理ですよね。
その場だけで終わっちゃう。政権交代で済む話じゃないんですよね。
今の政権が稚拙なだけじゃなく、
民主党政権の変貌ぶりをみれば官僚の手のひらで
ころころさせられてる姿は想像するに難くないでしょう。
その官僚も企業集団との癒着で成り立っているんでしょうし、
その癒着自体をできない仕組みにしないと始まらないんですが、
法律では無理だとお分かり頂けたと思います。
また、三権分立的な手法も無理だと。

不正のない社会。不正したくてもできない社会へ。

日本がいち早くそうなってくれることを願ってやみません。
タグ:心理 一言
posted by ポジタリアン イエロー at 14:48| ブログ

嘘偽りの国から、日本を取り戻そう

もう、情けないやらなんやら…。



※バルセロナはオリンピックのデザインじゃなくて、東北復興支援のデザインのようです。


去年2014年には、佐村河内氏のゴーストライター事件に、
小保方氏のSTAP細胞事件がありました。
食品偽装は名だたるホテルでもたくさんありました。

今年は、オリンピックのロゴもですか。

2000年以降、気がつけば、「騙すことが企業努力」「偽ることが企業努力」
そんな風潮が随所に生まれ、
時の政府も風雲児も法のギリギリをいくのが企業努力とか言ってましたね。
※バブル崩壊以降の不況が長すぎて、経団連が強力になったり、日本会議ができ、
 金による平等な考えが席巻したために、そういう風潮が生まれたと私は思っています。

騙すこと、偽ること、デマを流すこと…。
そんなことばかりが日常茶飯事のような国になってしまいました。

そんな国だから、愛国心を煽ってたんですよね。
国を愛するというのは、自発的であるべき。
こんな嘘ばかりの国だから、愛しなさい、国のためにというんですよね。


世界に恥ずべき出来事がこれほど多く続くと、
日本人っていったいなんなんだ?ってことになってくるでしょう。


さらに安倍首相の東京オリンピック招致を考えると…。
2013年9月のブエノスアイレスでの国際オリンピック委員会総会で、
1.福島第一原発事故について
 「私から保証します。状況は統御(アンダー・コントロール)されています」
 と明言
2.競技場について
 「ほかのどんな競技場とも似ていない真新しいスタジアムから、
 確かな財政措置に至るまで、
 確実な実行が(東京で開催すれば)確証される」と断言。
東京新聞首相、2年前の五輪演説も白紙? 「独創的スタジアム」「福島統御」政治(TOKYO Web) 2015年7月20日

どちらも、虚偽であることは言うまでもありません。
新国立競技場は2,520億円にまで跳ね上がり、財源問題も発生し、白紙に。
福島第一原発はずっと汚染水が今も漏れ続け、つい先日の台風前にもおもらし。
今もメルトダウンした核燃料はどこにあるかすらわからない。
海の水も、簡易な設備で測定していて、計測限界としてなしにしていたものが、
実際には精密なものでしっかり計測されていたとかもありました。

騙す、嘯く、場合によっては脅す。

そんなことを政府が率先して行い、それに追随する連中がデマを大量に垂れ流す。
NHKは真実を報じず、マスコミも一緒になって報道しない自由で報道しません。

国内はそれで騙せると思ってるんでしょうが、
外国は騙せません。


仕事ができない国。
になってしまいますよね。そういうモラルでは。
三菱重工だけを取り上げても、悲惨なくらい、賠償金などを払うことになりそう。
私は全く縁がないんですが、気分転換に豪華なクルーズ客船の画像でも+α
 で書いた、豪華客船が建造できない件、
 累計1336億円の損失を計上したと発表した。
 設計の不具合や造り直しが相次いで損失がふくらみ、
 2隻で約1千億円とみられる受注額を上回る規模になった。
 三菱重工が11年ぶりに受注した客船だった。
 だが設計が難航し、大幅な造り直しも必要になった
 大型客船の建造難航、1336億円の損失計上 三菱重工:朝日新聞デジタル 2015年5月9日

三菱重工製の蒸気発生器事故によりアメリカの原発2基が廃炉決定 損害賠償へ ポジタリアン イエロー
 交換したばかりの蒸気発生器の配管に異常な摩耗が起きて
 放射性物質を含む水が漏れ、地元住民などの強い反発により廃炉に。
 この件で、国際仲裁裁判所に申し立てられ、
 今わかっている損害賠償額は9,300億円とか。
 三菱重工製の蒸気発生器を使ったアメリカの原発2基が廃炉に。その代償は? - NAVER まとめ

この2件だけで1兆円規模になります。

さらにこんなのもありましたね。
・ボーイング787の主翼を三菱重工が作ってますが、
 生産中の787型機(ドリームライナー)約40機の翼に
「細い亀裂(ヘアークラック)」が見つかった
 生産中の787型機の翼に細い亀裂、三菱重工が報告=米ボーイング Reuters 2014年03月8日

という出来事もありました。


作れないものは受注すべきじゃありませんね。


日本という国が今、どういうことになっているのか、
私はその根源は虚偽、不正を正しいとする風土にあると思っています。

特に、嘯く、偉そうに言う、あざ笑う、強がりを言う人を
頼もしいと勘違いする人が多い日本。
悪いくらいがちょうどいい…そんなわけはありません。

そんな風潮から脱出しなければ、日本は本当にダメになっちゃうでしょう。
少子化問題よりも、本当に深刻だと私は思っています。


安倍時代の世界を揺るがす虚偽を整理すると、
1.佐村河内氏のゴーストライター事件&耳は聴こえていた?
2.小保方氏の世紀の大発見STAP細胞、実はES細胞?事件
3.アートディレクター・佐野研二郎氏の東京オリンピックロゴ盗用?事件
4.安倍首相のオリンピック招致演説虚偽事件


もう、これだけで、これまで築き上げてきた日本の信頼を、
十分吹き飛ばしたでしょう。


もう一つ言えば、これらは、
個人の問題じゃないことに気がつきますでしょうか。

特に小保方氏、佐野氏、安倍氏。

それぞれ組織の目が通っているはずですね。
小保方氏は理研、佐野氏は東京五輪組織委員会、安倍氏は官邸。
錚々たる組織が介在しています。ほぼ税金が関連した組織ですよね。

それらの人々は、いったいどんな仕事をしてるんでしょうか。
チェック体制はないんでしょうか。
お金の計算(補助金や税金)で忙しくて、ほかのことはしないんでしょうか。


日本という国。
これほど恥ずかしい国になっているということに早く国民が気づき、
一から出直す形で「不正が出来ない国」になってほしいと切に願います。
タグ:心理 一言
posted by ポジタリアン イエロー at 10:53| ブログ
ぽちっとご協力をお願いしますm(_ _)m。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
まとめ おすすめ雑学
NAVERまとめ